行きたいところを書きとめよう


by a4232203

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東京都は、港区にある都営地下鉄浅草線・京急線泉岳寺駅の大規模改良と連動して進める「泉岳寺駅地区第2種市街地再開発事業」の事業協力者を、東急不動産(代表者)、鹿島、京浜急行電鉄で構成する3社グループに決めた。駅に直結する再開発ビルの施設計画の検討などで連携する。3月に基本協定を結ぶ。
 再開発の対象は泉岳寺駅東側の港区高輪2、芝浦4、港南2(施行面積1・3ヘクタール)。再開発ビルには住宅350戸、業務・商業機能、収容台数250台の駐車場などを入れる。想定している延べ床面積は11万平方メートル、高さは160メートル。
 14日に外部有識者との選考委員会を開催。20日に事業協力者を決定し、21日に公表した。東急不ら3社グループは▽工事特性に合った工期短縮・コスト縮減▽商品企画▽公共空地の活用▽権利者ごとの具体的な対応検討▽自社保有・管理物件を使った仮移転-などの提案が評価された。
 都は、国道15号直下にある泉岳寺駅の機能強化を計画。地上の民有地を新たに取得し、駅ホームやコンコースの拡張、エレベーターの増設などを行う。これと同時に都施行の再開発事業を進める。
 18年度の事業計画決定、19年度の管理処分計画決定、同年度以降の着工、24年度の事業完了を想定。管理処分計画決定後には、工事発注に必要な詳細設計、施工者の選定などを任せる特定建築者の公募手続きを別途行う。今回選定した事業協力者が特定建築者に応募することも認める。
 事業協力者の選定手続きには三井不動産レジデンシャル(代表者)、三菱地所レジデンス、光和ビルディング、日本土地建物の4社グループも参加した。
[PR]
by a4232203 | 2018-02-23 20:26 | まちづくり関連 | Comments(0)

光陽@大崎

c0174363_11110989.jpg
c0174363_11111416.jpg
c0174363_11111837.jpg
c0174363_11112294.jpg

[PR]
by a4232203 | 2018-02-21 11:10 | 大崎 | Comments(0)

天香回味@新宿

c0174363_16085738.jpg
c0174363_16090095.jpg
c0174363_16090370.jpg

[PR]
by a4232203 | 2018-02-20 16:08 | 新宿 | Comments(0)
東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合(東京都葛飾区、狩野浩志理事長)は、総延べ約16万2500㎡、高さ約160mの複合施設を2021年度から3期に分け段階的に着工する計画だ。全体完成は29年度を予定している。19日から縦覧を開始した環境影響評価調査計画書で明らかになった。
 事業区域面積は、JR常磐線金町駅北口から西側約200mに位置する東金町1の約2万9300㎡で、A敷地約2万4630㎡とB敷地約650㎡からなる。
 A敷地には、1期棟と2期棟が一体となった地下2階地上44階建て延べ約1万6100㎡の複合施設を建設する。このうち西側の1期棟は3階建ての商業施設と、屋上に自動車教習コース、自動車教習所を整備する。A敷地東側には集合住宅約700戸、商業、公益施設からなる高層の2期棟を建設する。地下部には自走式駐車場を配置する計画だ。用途別床面積は集合住宅など延べ約8万1000㎡、商業施設など延べ約8万㎡となる。
 東側のB敷地には3階建て延べ約1500㎡の公益施設を計画し、道路の拡幅整備と併せて3期工事とする。
 駐車場台数は合計約630台となり、内訳は商業が約460台、集合住宅約170台。
 1期工事は21年度から24年度にかけてA敷地西側で商業、自動車教習所などを建設する。2期工事は24年度にA敷地の既存建物を解体し、同年度から27年度にかけてA敷地東側で2期棟を建設する。3期工事は28、29年度に進める。
 コンサルタントとして佐藤総合計画、事務局と事業協力者として三菱地所レジデンスと三井不動産レジデンシャルが参画している。環境影響評価調査計画書作成はトーニチコンサルタントが担当した。
[PR]
by a4232203 | 2018-02-20 07:42 | まちづくり関連 | Comments(0)
赤羽一丁目第一地区市街地再開発準備組合(東京都北区)は、赤羽駅東口の区域2909㎡で再開発の検討を進めている。準備組合の事務局は再開発コンサルタントのELC JAPAN(東京都新宿区、細川勝由社長)が務めている。 検討対象エリアは、赤羽1-10-5、1-11-4ほかの街区。JR赤羽駅から東に100mの距離にあり、北側に区立赤羽小学校が隣接する。用途地域は商業地域で、建ぺい率は80%、容積率は600%。準備組合と区は、建ぺい率や容積率の緩和などの都市計画について協議中だ。
 また街区北側部分の日東第二ビル(赤羽1-11-11)は、所有者がホテルに建て替える計画のため、今回の再開発の検討対象からは除外している。準備組合はホテルと施設配置の整合性を図っていく考えだ。
 再開発施設の上層階は住宅、低層部はエリアのにぎわいを左右するスペースとなるため、商業の活性化に貢献できる飲食や物販などを配置する計画だ。
 小学校に面する部分には、昼夜で飲食を楽しめる店舗をそろえた「バーボンストリート」を設け、既存の「一番街シルクロード」にもつながる環境整備を検討している。
 現在エリア内では、測量、土地・建物の従前資産の概算、交通量などの調査を進めている。準備組合は、2016年年9月に丸紅を事業協力者として、17年6月に大建設計を設計者として選定していた。
 またエリア南側で道路を挟み向かい合う葉山ビル(赤羽1-7-9)では、事務所を構えるオリンピア興業(東京都新宿区・葉山相也代表)が耐震・外壁改修を進めている。
c0174363_7414638.jpg

[PR]
by a4232203 | 2018-02-20 07:41 | まちづくり関連 | Comments(0)
 東京急行電鉄大井町線・戸越公園駅の南口で再開発事業を計画する戸越五丁目19番地区市街地再開発準備組合(東京都品川区)は、3月上旬の都市計画決定を経て、2018年度に本組合に移行する予定だ。特定業務代行者を募集しており、近く特定する。19年度に既存建物の解体に取りかかり、20年度に着工、22年度の完成を目指す。 再開発施設は、地下1階地上24階建て延べ約2万3000㎡のタワーマンション。最高高さは約90m、住戸数は約220戸となる。低層部に商業施設が入るほか、駐車場で構成する。
 敷地北側は駅前広場を新設するほか、周辺道路の無電柱化なども進めて歩行者空間を整備する。地域生活拠点の核となり、多様な世代が住み続ける居住環境を確保するとともに商店街のにぎわいの連続性を維持・増進する。
 施行区域は、戸越5-19の約0.3ha。狭い道路に囲まれた中に、築40年以上経過した建築物が密集する。駅周辺では連続立体交差事業の計画があるほか、敷地西側は「都市計画道路補助29号線」の整備予定地にもなっている。
 コンサルタントは類設計室と都市計画同人、事業協力者に大成建設が参画している。権利者数は21者。
[PR]
by a4232203 | 2018-02-04 12:41 | まちづくり関連 | Comments(0)