行きたいところを書きとめよう


by a4232203

<   2017年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

東京都武蔵野市は、吉祥寺グランドデザイン改定支援業務を、プロポーザル方式によって、URリンケージに委託した。吉祥寺ブランドと将来のまちづくりの方向性を示す「吉祥寺グランドデザイン」を、10年ぶりに本格改定する。年内にも学識者や地元関係者らで構成する検討組織を立ち上げる予定。今後、約2年間にわたって、改定作業を進め、エリアごとの将来像やまちづくりの方向性を明確にしていく考えだ。2018年度末を目標に、新たなグランドデザインの策定を目指す。 吉祥寺は、1日平均乗車人員14万1640人(16年度)のJR中央線・吉祥寺駅と、1日平均乗降人員14万5460人(同)の京王井の頭線・吉祥駅が中心。駅の東西南北に、ヨドバシカメラマルチメディア吉祥寺、東急百貨店、丸井、コピス吉祥寺の4つの大型商業施設が立地し、サンロード、ハーモニカ横町などの商店街がある。商業地域と住宅地の近接性や、新宿や渋谷などへの利便性、井の頭恩賜公園なども近いことなどから、住みたい街ランキングでたびたび全国第1位に選ばれている。
 吉祥寺駅グランドデザインは、まちづくりの共通ビジョンとして、駅を中心に半径400m程度の地域を対象に、商業・業務・居住・文化などの都市機能や活動、道路などの基盤施設のあり方などを示す。全体を、商業の中心である「セントラル地区」、東急百貨店裏に展開する「ウエスト地区」、ヨドバシ吉祥寺裏の「イースト地区」、井の頭公園につながる「パーク地区」の4エリアに大別。エリア別の基本的な性格付けを行い、主要な取り組み方策を整理する見通しだ。中長期なまちづくりの方針などを示し、行政、市民やNPO、地元の商業者など、吉祥寺のまちづくりにかかわるさまざまな主体による取り組みの共通指針となるようにする。
 市は、改定作業に向けて、検討組織の委員選定など準備を進める。検討に当たっては、4つのエリアごとにきめ細かい議論ができるよう、エリア別の部会の設置も想定している。さらに、市民意見を反映させる方策なども考えていく。
 事業対象地のうち、パークエリアでは老朽化の進む武蔵野公会堂を含めた面的な整備の可能性を検討中。セントラルエリアは、防災性の向上や「吉祥寺の顔ゾーン」としてのまちの雰囲気づくりなどの観点から、老朽化した建物のリニューアルや共同ビル化の誘導などの方策が示されている。現在の「吉祥寺グランドデザイン」は07年3月に策定した。
c0174363_2373336.jpg

[PR]
by a4232203 | 2017-10-24 23:07 | まちづくり関連 | Comments(0)
 さいたま市大宮区の「大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合」(望月邦彦理事長)は、再開発ビルの施設計画のたたき台を近くまとめる見通しだ。市は、たたき台を踏まえ、都市計画変更に向けた関係者との協議に入る。18年度の都市計画決定を目指している。総合コンサルタントと概略設計は佐藤総合計画が担当。事業協力者として清水建設が参画している。
 計画地は桜木町2の一部の約1・5ヘクタール。大宮ソニックシティの北西側に位置している。再開発ビルの導入機能は、住宅、商業、業務を中心とする方向だ。
 現段階の想定スケジュールによると、18年度の都市計画決定後、19年度に本組合を設立し、20年度の権利変換計画の認可取得と解体工事着手、21年度の本体工事着手を目指す。
 同地区では、12年に再開発協議会が発足し、13年に準備組合が立ち上がっていた。
 大宮駅西口周辺では、先行して大宮駅西口第3-B地区で再開発組合が設立されている。本年度内の権利変換計画の認可取得、来年度の解体工事と本体工事の着手、20年度の完成を予定している。
 計画地は同じく大宮区桜木町2の一部で、施行面積は約1・3ヘクタール。再開発ビルは2棟で構成され、規模はRC造地下1階地上29階建て延べ約7万平方メートル。
 コンサルタントはアイテック計画、実施設計は松田平田設計が担当。参加組合員は新日鉄興和不動産と三井不動産レジデンシャル、丸紅、事業協力者は前田建設。
[PR]
by a4232203 | 2017-10-24 23:06 | まちづくり関連 | Comments(0)
JR東日本は横浜市神奈川区で計画している「(仮称)横浜駅西口開発ビル・鶴屋町棟」=完成イメージ=の施設計画を見直した。従来の駐車場を主体とした施設機能に、ホテルや商業施設など交流拠点としての機能を追加。延べ床面積も7500平方メートル増の約3万1500平方メートルに変更された。設計は同社東京工事事務所とジェイアール東日本建築設計事務所が担当。施工者は未定。18年春ごろの着工、20年の駅前棟(建設中)との同時開業を目指す。
 横浜駅西口開発ビルは駅前棟(地下3階地上26階建て延べ約9万8000平方メートル、高さ約135メートル)、鶴屋町棟(9階建て、高さ約31メートル)の2棟で構成。駅前棟については竹中工務店の施工で建設工事が進められている。2棟合計の事業費は918億円を見込む。
 線路と既存市街地に挟まれた鶴屋町棟の計画地は神奈川区鶴屋町1の66の9ほか(敷地面積約5000平方メートル)。施設には駐車場(1~9階、約550台)、保育所(3階)に加え、ホテル(3~9階、約170室)、商業施設(1~3階)、スポーツ施設2~3階)、駐輪場・自動二輪駐車場(1階)が入る。
 構造はS一部SRC造。市街地側に面するホテル部分の外観は白を基調としたタイルとガラスを市松模様に配置。鉄道側の駐車場部分は黒を基調にスタイリッシュで落ち着いたデザインとした。
[PR]
by a4232203 | 2017-10-24 23:05 | まちづくり関連 | Comments(0)
東京都港区の「新橋田村町地区市街地再開発準備組合」(古谷俊介理事長)は18年4月初旬、延べ10万平方メートル超の複合施設の整備に着手する。設計は清水建設・日建設計JVが担当。施工者は決まっていない。本年度の本組合設立と権利変換計画認可、21年3月末の竣工を目指す。
 再開発事業の対象区域は東京メトロの虎ノ門駅や都営地下鉄の内幸町駅に近い西新橋1の4ほか(区域面積約1・2ヘクタール)。区域の三方を幹線道路の愛宕下通り、外堀通り、日比谷通りに接している。再開発ビルを建設する区域をA街区とし、同街区と日比谷通りに挟まれたB街区の都市基盤を一体的に整備する。
 再開発ビルの規模は地下2階地上27階塔屋1階建て延べ約10万6000平方メートル、最高高さ150メートル。業務、商業、業務支援、文化・交流、生活支援など多様な機能を導入する。街区再編や建物の更新に合わせて区画道路や歩行者通路、緑化空間などを整備し、回遊性の高い街づくりを推進する方針だ。
[PR]
by a4232203 | 2017-10-21 13:02 | まちづくり関連 | Comments(0)

虎峰@六本木

c0174363_11492196.jpg
c0174363_11492407.jpg
c0174363_11492954.jpg
c0174363_11493273.jpg
c0174363_11493545.jpg
c0174363_11493863.jpg

酒ベアリング、上海蟹、麻婆豆腐追加、紹興酒二杯追加で一人3万は高い。
[PR]
by a4232203 | 2017-10-12 11:55 | 中華・韓国・四川 | Comments(0)

虎峰@六本木

c0174363_11464471.jpg
c0174363_11464701.jpg
c0174363_11465084.jpg
c0174363_11465305.jpg
c0174363_11465600.jpg
c0174363_11465814.jpg
c0174363_11470179.jpg
c0174363_11470416.jpg
c0174363_11470760.jpg
c0174363_11471126.jpg

[PR]
by a4232203 | 2017-10-12 11:53 | 中華・韓国・四川 | Comments(0)

虎峰@六本木

c0174363_11435004.jpg
c0174363_11435493.jpg
c0174363_11435746.jpg
c0174363_11440013.jpg
c0174363_11440395.jpg
c0174363_11440533.jpg
c0174363_11440937.jpg
c0174363_11441208.jpg
c0174363_11441557.jpg
c0174363_11441893.jpg


[PR]
by a4232203 | 2017-10-12 11:50 | 中華・韓国・四川 | Comments(0)

ボンジョルミ@大崎

c0174363_07322625.jpg
c0174363_07323190.jpg
c0174363_07323717.jpg
c0174363_07324229.jpg
c0174363_07324830.jpg
c0174363_07325289.jpg

[PR]
by a4232203 | 2017-10-01 07:38 | 大崎 | Comments(0)