行きたいところを書きとめよう


by a4232203

3月の都計決定目指す/8月に説明会/品川区の戸越六丁目東地区

東京都品川区は2019年3月にも、戸越公園駅南側の「戸越六丁目東地区」で、地区計画などの都市計画決定・告示を目指す。同エリアは、町会やまちづくり協議会で構成する「戸越六丁目地区まちづくり計画検討委員会」が地区計画やまちづくりの方向性について検討しており、ことし5月に「まちづくり案」を区に提出した。区は同案を受けて都市計画手続きに着手しており、地区計画の素案をまとめた。8月の住民向け説明会、9月以降の公告・縦覧を予定している。 検討委員会や区は、エリア内に位置する都市計画道路補助29号線が、東京都の木密不燃化10年プロジェクトの特定整備路線に指定されたことを受け、沿道のまちづくりを検討している。 地区計画素案では、対象エリアを▽A地区=住宅を主とする地区▽B地区=店舗と住宅が共存する地区▽C地区=店舗を主とする地区▽D地区=商店街の沿道地区--と、その周辺に位置する「将来的にまちづくりの誘導を行う地区」の計5地区にゾーニングした。将来的にまちづくりを誘導する地区は、より検討が深まった段階で「この地区に合う整備計画を立てていく」(区担当者)考えだ。 検討委員会は、戸越六丁目町会、戸越公園駅前南口商店街、戸越公園駅周辺まちづくり協議会の計11人で構成する。地域商業機能の再構築や防災性の高いまちづくりを目指し、17年9月に発足した。これまで8回の会合を開いてきた。
c0174363_14595599.jpg

[PR]
by a4232203 | 2018-07-31 15:00 | まちづくり関連 | Comments(0)