行きたいところを書きとめよう


by a4232203

2棟総延べ約9.2万㎡/赤坂七丁目2番地区再開発準備組合

【18年度内の都計決定目指す】
 赤坂七丁目2番地区再開発準備組合(澤孝一郎理事長)が東京都港区で計画する、同再開発施設の規模が総延べ約9万2000㎡になることが分かった。46階建ての住宅棟など東西2棟で構成、最高高さは157mになる。2018年度の都市計画決定を目指し、21年度の着工、25年度の完成を予定する。 再開発は、敷地西側に46階建ての高層住宅棟、東側に5階建ての業務・商業棟を建設する。住戸数は約700戸を想定。北西端に910㎡、南東端に440㎡の空き地をそれぞれ設け、南西端に330㎡の公園を整備する。敷地面積は8710㎡。
 計画地では、多様な機能が調和した市街地を整備するとともに、適切な自動車交通体系を構築する。
 回遊性と快適性が高い歩行者ネットワークの創出、非常時の防災機能強化を目指す。
 事業協力者に野村不動産、新日鉄興和不動産、清水建設が参画、コンサルタント業務は都市みらい構想が担当している。
 再開発にはこのほか、日本設計が参画する。
 施行区域は、赤坂7-2の約1.1ha。東京メトロ丸ノ内線・銀座線赤坂見附駅や東京メトロ千代田線赤坂駅などの徒歩圏内に位置する。赤坂御用地から青山通りを挟んだ南側に当たり、高橋是清翁記念公園の東側に隣接する。
c0174363_14420202.jpg

[PR]
by a4232203 | 2018-06-13 14:42 | まちづくり関連 | Comments(0)