行きたいところを書きとめよう


by a4232203

板橋駅西口地区再開発/19年度にも組合設立

【18年度内都決へ関係機関協議】
 JR埼京線板橋駅前で再開発を検討している「板橋駅西口地区市街地再開発準備組合」が、2019年度以降の組合設立を目指している。準備組合は18年度内の都市計画決定を想定し、事業説明会や東京都など関係機関との協議などを進める予定だ。
 再開発の検討エリアは、板橋1-16~19の約0.6ha。17年12月時点では2棟総延べ4万4800㎡の商業・事務所機能の施設を検討していた。
 西口駅前広場を挟んだ隣接地、板橋1丁目地内の約0.4haでは、板橋区がJR東日本と共同で「板橋駅板橋口地区再開発事業」を検討している。今後は7月にも共同事業者を選定し、10月の都市計画決定を目指している。再開発施設は商業や住宅などの機能で構成し、想定規模は地下3階地上35階建て延べ約5万3000㎡。
[PR]
by a4232203 | 2018-06-11 14:58 | まちづくり関連 | Comments(0)