行きたいところを書きとめよう


by a4232203

3期に分け21年度着工/東金町一丁目西再開発/準備組合

東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合(東京都葛飾区、狩野浩志理事長)は、総延べ約16万2500㎡、高さ約160mの複合施設を2021年度から3期に分け段階的に着工する計画だ。全体完成は29年度を予定している。19日から縦覧を開始した環境影響評価調査計画書で明らかになった。
 事業区域面積は、JR常磐線金町駅北口から西側約200mに位置する東金町1の約2万9300㎡で、A敷地約2万4630㎡とB敷地約650㎡からなる。
 A敷地には、1期棟と2期棟が一体となった地下2階地上44階建て延べ約1万6100㎡の複合施設を建設する。このうち西側の1期棟は3階建ての商業施設と、屋上に自動車教習コース、自動車教習所を整備する。A敷地東側には集合住宅約700戸、商業、公益施設からなる高層の2期棟を建設する。地下部には自走式駐車場を配置する計画だ。用途別床面積は集合住宅など延べ約8万1000㎡、商業施設など延べ約8万㎡となる。
 東側のB敷地には3階建て延べ約1500㎡の公益施設を計画し、道路の拡幅整備と併せて3期工事とする。
 駐車場台数は合計約630台となり、内訳は商業が約460台、集合住宅約170台。
 1期工事は21年度から24年度にかけてA敷地西側で商業、自動車教習所などを建設する。2期工事は24年度にA敷地の既存建物を解体し、同年度から27年度にかけてA敷地東側で2期棟を建設する。3期工事は28、29年度に進める。
 コンサルタントとして佐藤総合計画、事務局と事業協力者として三菱地所レジデンスと三井不動産レジデンシャルが参画している。環境影響評価調査計画書作成はトーニチコンサルタントが担当した。
[PR]
by a4232203 | 2018-02-20 07:42 | まちづくり関連 | Comments(0)