行きたいところを書きとめよう


by a4232203

314億円、年度内着工/7月にも施行協定/墨田区と東武鉄道のスカイツリー付近連立事業

東武鉄道伊勢崎線連続立体交差事業(東京都墨田区)に関連して、墨田区と東武鉄道が7月にも締結する施行協定の概要が分かった。区が交差道路の新設・改良、東武は鉄道構造物の築造・撤去と付帯工事を担う。総事業費は314億2600万円で、費用負担は区が234億5600万円(交付金など含む)、東武が79億7000万円となっている。協定締結後に東武が施工者選定を進め、2017年度内に着工する予定だ。
 この事業は、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)とうきょうスカイツリー駅付近の長さ約0.9㎞(押上2丁目~向島1丁目)を高架化し、桜橋通りにある伊勢崎線第2号踏切を除却する。17年度後半に着工し、22年度の踏切除却、24年度の事業完了を目指す。
 費用負担のうち、都市計画交付金や財政調整交付金などを除いた区の負担額は、約74億0400万円となる。施行協定は鉄道直下部分の道路新設・改良を対象としているが、区は鉄道直下以外の部分でも道路整備を進める計画だ。
 区はこのほか、連立を契機とした駅周辺のまちづくりにも取り組む。区の中心部にふさわしい「広域総合拠点」を目指し、商業や業務、文化、住宅などの複合開発を誘導し、開発効果を駅周辺エリアに波及したい考えだ。土地の高度利用を促進し、建物の不燃化なども進めて災害に強い市街地の形成を目指す。地域の勉強会などでまちづくりを検討する。
[PR]
by a4232203 | 2017-06-15 12:33 | まちづくり関連 | Comments(0)