行きたいところを書きとめよう


by a4232203

大宮駅西口第3-A・D地区再開発(さいたま市)/事業協力者募集へ/準備組合2013/04/03

さいたま市のJR大宮駅西口で、大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合が発足した。事業の具体化へ向け、13年度の早期に事業協力者を決定したい考えだ。

 事業予定地は、ソニックシティビルの北西側、国道17号に面した桜木町2丁目内の約1ヘクタール。昨年9月に大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発協議会が発足し、3月26日に準備組合の設立総会が開かれた。会長は細田勝司氏。地区内の現況は、ビル、駐車場などが立地している。地権者は20人弱。

 西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合は、住宅・商業・業務を中心とする再開発ビルを検討しているが、具体的な計画・スケジュールは事業協力者の決定後に固めていく。

 大宮駅西口では、大宮駅西口第3-B地区市街地再開発準備組合が11年12月に事業協力者を決定し、再開発へ向けた準備が進んでいる。準備組合の発足は西口第3-A・D地区が2番目。このほか、西口第3-C地区でも再開発の構想があるがまだ具体的な動きはない。
[PR]
by a4232203 | 2013-04-04 11:09 | まちづくり関連 | Comments(0)