行きたいところを書きとめよう


by a4232203

すし岩澤@不動前5

c0174363_21413914.jpg
c0174363_21414358.jpg
c0174363_21415050.jpg
c0174363_21415420.jpg
c0174363_21415808.jpg
c0174363_21420119.jpg
c0174363_21420519.jpg
c0174363_21420898.jpg

ビール2本、4.5合 48000
[PR]
# by a4232203 | 2017-09-03 21:46 | 魚介 | Comments(0)

すし岩澤@不動前5

c0174363_21392579.jpg
c0174363_21392956.jpg
c0174363_21393345.jpg
c0174363_21393619.jpg
c0174363_21394182.jpg
c0174363_21394649.jpg
c0174363_21395020.jpg
c0174363_21395483.jpg
c0174363_21395873.jpg
c0174363_21400278.jpg

[PR]
# by a4232203 | 2017-09-03 21:43 | 魚介 | Comments(0)

すし岩澤@不動前5

c0174363_21333564.jpg
c0174363_21333941.jpg
c0174363_21334401.jpg
c0174363_21334829.jpg
c0174363_21335197.jpg
c0174363_21335681.jpg
c0174363_21335934.jpg
c0174363_21340557.jpg
c0174363_21340854.jpg
c0174363_21341198.jpg

[PR]
# by a4232203 | 2017-09-03 21:37 | 魚介 | Comments(0)
石神井公園駅南口西地区市街地再開発準備組合(東京都練馬区)が検討を進めている再開発施設の概要が分かった。敷地約0.5haを南北2街区に分けて開発する計画で、総延べ約3万3000㎡の施設をたたき台として検討中だ。事業協力者として野村不動産と前田建設工業、コンサルタントとしてアール・アイ・エーが参画している。 北街区にはRC一部S造地下1階地上29階建て延べ約3万0900㎡、南街区にはS造7階建て延べ約2300㎡の施設を検討している。施設用途は、住宅や商業、業務、公益施設などで構成する。商業・業務施設の集積を進めることで、エリアの活性化につなげたい考えだ。共同化によって空地を生み出し、みどり豊かな街並みの実現を目指す。
 対象地区は石神井町3丁目の一部で、敷地の北側が西武池袋線・石神井公園駅に隣接している。この駅前地域では、商店街通りなどの錯綜した交通状態や防災性の確保などが課題となっている。このため再開発事業では、敷地を東西に貫く都市計画道路補助232号線を整備し、敷地を北街区と南街区に分けて施設を建設する計画だ。建物の壁面後退なども進め、安全な歩行環境を確保する。
c0174363_16522019.jpg

[PR]
# by a4232203 | 2017-08-28 16:52 | まちづくり関連 | Comments(0)
神奈川県横須賀市は、「平成29年度三笠ビル地区市街地再開発事業に係る計画コーディネート業務」の公募型プロポーザルを実施した結果、オリエンタルコンサルタンツを特定した。2次選考の見積もり金額は549万8000円(税別)だった。月内にも契約する。施設の老朽化が進む同地区で再開発を含めた早期の建物更新に向け、実現性の高い事業推進手法と権利者の合意形成に向けた支援を実施する。
 京浜急行電鉄本線の横須賀中央駅から徒歩約3分の場所にある約0.9haを検討対象区域とする。現状は業務施設1棟、商業施設41棟、店舗併用住宅8棟、倉庫1棟の計51棟で構成する。このうち、確認できる最も古い建物は築61年以上、約8割に当たる41棟が築51-60年となる。
 業務内容は、▽まちづくり組織の活動支援▽地元権利者に対するまちづくりの啓発▽人材育成、住民意見の調整▽土地利用計画、建築物、建築敷地、公共施設の整備計画作成のための調査▽整備手法と整備手順の検討▽関係機関との調整--など。提案上限価格は753万8400円(税込み)だった。
 履行期間は2018年3月15日まで。
 13年10月に会員数47人で構成する三笠ビル再開発協議会(小佐野圭三会長)が発足している。14年度から16年度はINA新建築研究所が支援業務を担当した。
[PR]
# by a4232203 | 2017-08-28 16:51 | まちづくり関連 | Comments(0)