行きたいところを書きとめよう


by a4232203

<   2016年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

田なかsecond@秋葉原

c0174363_13310296.jpg
c0174363_13310566.jpg

[PR]
by a4232203 | 2016-02-28 13:30 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)

ラーメンタロー@五反田

c0174363_13244764.jpg

[PR]
by a4232203 | 2016-02-28 13:23 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)

メルシー

c0174363_13234454.jpg

[PR]
by a4232203 | 2016-02-28 13:23 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)
【千代田区、住友不、大和ハウス、都市機構】
 東京都千代田区の飯田橋3-9周辺地区再開発協議会は、同区と、地権者である住友不動産、大和ハウス、都市再生機構を中心に、再開発を視野に入れた検討を進めている。
 現時点での対象区域は、JR飯田橋駅東口からタワー飯田橋通りを東方向に進んだつき当たりで、アイガーデン・エアに隣接する同地区約0.6haを想定している。
 地区内は区の所有地が大半を占め、区の清掃事務所棟や車庫棟などが現在も使われている状況だ。地区を貫通する通路が未整備のため、アイ・ガーデンエアへの接続も分断されている。再開発協議会は2007年に設立された。
 JR線、東京メトロ東西線、有楽町線、南北線のほか、都営地下鉄大江戸線が集まり鉄道交通の中心ともなっている飯田橋駅周辺では、複数の再開発構想が浮上している。
 飯田橋3-9周辺地区の西側で、目白通り北側にある飯田橋駅東地区(飯田橋3-6、7の2街区約0.7ha)でも、同地区市街地再開発準備組合が検討を進めており、事業協力者として清水建設、コンサルタントとしてタカハ都市科学研究所が参画している。
[PR]
by a4232203 | 2016-02-27 12:38 | まちづくり関連 | Comments(0)
◇準備組合、16年度内に事業協力者公募へ
 静岡県三島市は、16年度当初予算案に三島駅南口東街区事業化支援等業務委託費として約1000万円を盛り込んだ。事業主体の三島駅南口東街区市街地再開発準備組合は今後、施設の導入機能や事業スキームなどをまとめ、16年度に事業協力者の公募手続きに入る考えだ。
 開発地はJR三島駅南口に隣接する約1・3ヘクタール(一番町、文教町)。市土地開発公社が約0・9ヘクタールを保有し、残り約0・4ヘクタールが民有地。市が11年度に策定した三島駅周辺グランドデザインで、東街区は広域健康医療拠点を整備する方向性が示されている。このため、準備組合は市や都市再生機構の協力も得ながら施設計画や事業スキーム、民間誘導方策などを検討。現在は導入機能として考えられている住宅と商業、健康医療の機能の規模などを詰めている。
 16年度も地権者間の合意形成や事業協力者の公募に向けた条件整理などを急ぐ。事業協力者は、事業の初期段階で専門知識や人的支援、事業推進に必要な資金立て替えなどを行う事業検討のパートナー。参加組合員(保留床の取得予定者)なども見据えた事業協力者を同年度内に選定し、事業の早期具体化を図る方針。
 三島駅南口東街区の再開発は、高次都市機能を備えたフロントエリアとして▽駅前の人の流れの創出と街中の回遊性向上▽経済波及効果をもたらす駅前の顔づくり-を目的とした事業。これまでにも計画が具体化しかけたが、リーマンショックや東日本大震災の影響で計画が白紙化。実現可能性の高い計画での事業化が目指されている。
[PR]
by a4232203 | 2016-02-27 12:37 | まちづくり関連 | Comments(0)
【3地区に分け施設計画素案】
 東京都中央区の月島三丁目地区再開発準備組合は、参加組合員予定者を2016年中にも公募する予定だ。現時点では提案書やヒアリングに基づく審査を行う方向で、選定基準や方式などを検討している。再開発施設は現時点で事業区域約1.6haを3地区に分け、総延べ約13万㎡規模とする考えだが、施設計画についても同年度内に素案をまとめる方針。早期の都市計画決定を目指す。
 事業協力者として五洋建設と首都圏不燃建築公社、コンサルタントには大建設計(設計業務)とパシフィックコンサルタンツ(全体調整)が参画している。
 施行区域は月島3-18、19と20の一部、21~23と24の一部。月島西仲通り商店街(もんじゃストリート)の四番街と隅田川に挟まれ、低層の木造住宅や飲食店が密集している。現行の用途地域と指定容積率は第二種住居地域400%で、一部商業地域500%。建ぺい率はともに80%。
 再開発施設のイメージ案は14年に示されているが、建築計画の見直しが必要となり、今後も検討を進める。14年10月時点での案では、月島西仲通り商店街沿いのA地区に、住宅、商業・業務、保育園、地域貢献施設などで構成する地下2階地上50階建て延べ約12万3000㎡の施設を想定していた。住宅は約1000戸を見込む。
 隅田川沿いのB-1地区には児童遊園のほか、5階建て延べ約1500㎡の店舗、グループホームなどで構成する施設を計画。B-2地区には、9階建て延べ約3500㎡で約40戸の住宅棟を建設する予定としている。
 同準備組合の地権者数は173者で、約8割が加入している。
[PR]
by a4232203 | 2016-02-23 12:44 | まちづくり関連 | Comments(0)
宇都宮市の宇都宮大手地区市街地再開発組合(和気幸雄理事長)は、再開発ビルの建設工事に着手した。18日に建設地近くの二荒山会館で関係者による起工式が行われた。設計・監理はアール・アイ・エーとAIU総合設計、施工は東武建設(栃木県日光市)・渡辺建設(宇都宮市)・中村土建(同)・増渕組(同)JVが担当する。参加組合員は住友不動産、フジタ、フージャスコーポレーションの3者。
 建設地はJR宇都宮駅西側の馬場通り3丁目の敷地約0・4ヘクタール。再開発ビルはRC一部S造地下1階地上31階建て延べ約2万9320平方メートルの規模となる。免震構造を採用。最高高さは約108メートルで栃木県内で最も高い建築物となる。
 1~2階に商業施設、3~30階に238戸の住宅を配置する。完成すればJR宇都宮駅西口では8カ所目の再開発ビルとなり、都心居住の促進による中心市街地活性化に寄与することが期待されている。
[PR]
by a4232203 | 2016-02-23 12:43 | まちづくり関連 | Comments(0)
【周辺ビル建て替えと連携】
 東京都新宿区は2016年度、世界一の乗降客数を誇る新宿駅の周辺まちづくりに向けた取り組みを加速させる。新宿駅直近地区では、「まちの将来像」の実現に向けた方策を検討するとともに、東日本旅客鉄道(JR東日本)が進める東西自由通路整備を起爆剤に、東・西駅前広場を再生整備する。これと連携・調和した周辺ビルの建て替え促進につなげる。駅西口エリアでは、西新宿一丁目商店街地区で将来像を検討し、駅東口エリアで地区計画による建替え促進手法を策定。靖国通り地下通路延伸の検討など、「新宿再整備へのリーディング・プロジェクト」に取り組む。
 16年度予算案に、こうした新宿駅周辺まちづくりに総額約9500万円を計上した。事業費を前年度と比べて2.3倍に拡充している。
 吉住健一区長は、17日の会見で「世界に注目され、誰もが自由に行き交う国際集客都市を目指す」と言明。「特定都市再生緊急整備地域や国家戦略特区などの制度を活用しながら、『新宿再整備へのリーディング・プロジェクト』を進める」と積極姿勢を示し、「新宿全体のブランド力を高める」考えを示した。
 この中で区長が重視するのは、東西自由通路の整備。鉄道施設で分断されている新宿駅東口地区と西口地区を結び付け、駅周辺の回遊性向上につなげる。区はJR東日本と連携して事業を推進するため、16年度も整備工事費補助を計上。吉住区長は「完成ではないが、20年の供用開始を目指している」とし、「同時に東・西広場についても20年までに暫定的な整備を考えている」と明かした。今後、地権者であるJR東日本や東京都と早急に話を詰めていきたいとしている。
 具体のリーディング・プロジェクトについては、新宿駅直近地区での新宿の顔づくりに向けて、駅前広場など都市基盤整備と一体となった「まちづくり方針」を16年度に策定する予定。東京の中での新宿の役割を踏まえた「まちの将来像」実現に向けた方策も検討する。また、駅前広場再整備と駅直近地区まちづくりに関する方針の検討と、都市計画手続きに向けた調査も16年度に予定。17年度の都市計画決定を目指す。
 新宿駅東口エリアは、駅東地区で新宿EAST推進協議会と連携し、地区計画などによる建替え促進手法を検討する。靖国通り地下通路延伸の実現に向けた調査検討と都市計画手続きに向けた調整も行う。歌舞伎町地区では、安全・安心、にぎわい創出に向けた地区計画を策定する。
 一方、駅西口エリアは、西新宿一丁目商店街地区で同地区まちづくり協議会との協働で、まちづくりのルールや将来像などを検討する。西新宿超高層ビル地区では、新宿副都心エリア環境改善委員会と連携し、足下のにぎわい創出などに向けた公開空地や道路空間のさらなる地活用を検討する。
 このほか、新宿ターミナル整備として、東京五輪に向けて都と共同で設置した「新宿ターミナル協議会」の検討結果を踏まえて案内サインの整備やICT(情報通信技術)などの活用に向けた調査・検討を進める。また、にぎわいづくりの一環として、新宿通りのモール化実現に向けて、16年度に課題検証と社会実験を行い、17年度の整備計画策定につなげる。
 16年度予算案の内訳は、駅直近地区に3560万円、新宿ターミナル整備に1510万円、駅西口エリアに720万円、駅東口エリアに23800万円、新宿通りのモール化に1370万円。
[ 2016-02-19
[PR]
by a4232203 | 2016-02-22 18:17 | まちづくり関連 | Comments(0)

ぐう@五反田

c0174363_00002573.jpg
c0174363_00002806.jpg
c0174363_00003025.jpg
c0174363_00003334.jpg
c0174363_00003901.jpg
c0174363_00004134.jpg

[PR]
by a4232203 | 2016-02-21 23:58 | 五反田 | Comments(0)

ゆう@代々木上原

c0174363_23564576.jpg
c0174363_23564742.jpg
c0174363_23564904.jpg
c0174363_23565030.jpg
c0174363_23565294.jpg
c0174363_23565447.jpg
c0174363_23565503.jpg

[PR]
by a4232203 | 2016-02-21 23:55 | 和食 | Comments(0)