行きたいところを書きとめよう


by a4232203

<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自家製麺 MENSHO TOKYO@春日

ラムラーメン味たま 850円
c0174363_1241246.jpg

[PR]
by a4232203 | 2014-10-31 11:14 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)

麺壱 吉兆@大井町

c0174363_12415339.jpg

中華そば味たま そぼろご飯 870円
[PR]
by a4232203 | 2014-10-22 11:54 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)
東京都小金井市の武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発準備組合(星野治衛理事長)は、同再開発のディベロッパーとして野村不動産を選定した。
 今後、2015年度に本組合を設立、16年度の権利変換計画認可を経て、17年度の解体工事と本体工事着手、19年度の完成を目指している。
 コンサルタント業務は佐藤総合計画、事業協力者として清水建設が参画している。
 再開発事業の施行区域は同市本町6丁目地内約1.8ha。再開発施設は住宅棟のA棟とB棟、商業施設で構成されている。
 商業施設は住宅棟の低層部と一体となっており、A棟は1、2階が商業施設、3-27階が住宅、B棟は1-4階が商業施設、5-19階は住宅と
 する計画。住宅戸数は合計約680戸、地下には約400台の駐車場を確保する予定だ。
 全体の延べ床面積は約10万5000㎡を見込む。敷地面積は1万4140㎡で、うち建築面積に9800㎡を充てる。
 8月21日に都市計画決定し、施行区域の用途地域を第一商業地域に変更、建ぺい率80%、容積率400%まで引き上げ、合わせて準防火地域から防火地域に変更した。
[PR]
by a4232203 | 2014-10-16 13:48 | まちづくり関連 | Comments(0)
【三井不グループ、来夏本体発注】
 東京都渋谷区は、官民連携による新総合区庁舎と渋谷公会堂の建て替え事業で、日本設計が進めている基本的な設計の完了を待って、11月にも区民らに基本計画を示す考えだ。定期借地権を設定し、民間事業者の資金とノウハウを活用して整備するもので、公募型プロポーザルで選定した三井不動産(代表)、三井不動産レジデンシャル、日本設計で構成するグループと3月末に基本協定を締結、4月から同事務所で設計を進めている。本体工事は、民間事業者から2015年夏にも発注される見通しだ。同年10月に仮庁舎へ移転後、11月から既存施設の解体に着手する予定。引き続き新築工事に移り、18年度の竣工を目指している。
 総合区庁舎と公会堂は、ことしで築後50年を迎え、構造・設備の老朽化が進んでいる。耐震性不足もあり、現地で建て替える。三井不動産グループの提案によると、現庁舎・公会堂(渋谷区宇田川町1-1)敷地約1万2500㎡のうち、約4600㎡に定期借地権を設定し、事業者がこれを活用して整備する。総合区庁舎は、南側敷地に地下2階地上15階建て延べ約3万3400㎡(高さ65m)の規模。公会堂の規模は地下2階地上5階建て延べ約8300㎡(高さ27m)で、2000席を備え、公園通りに面する敷地東側に配置する。総延べ約3万1700㎡の庁舎と公会堂は構造的に一体化し、免震構造の採用を想定している。
 基本計画は、この提案をベースにして、機能面など具体的な区側の考えを反映させるもので、基本設計と並行して区と同グループで協議しながらまとめる。高騰傾向にある建設費への対応なども今後の課題の一つとなりそうだ。基本計画を踏まえて、基本、実施設計へと設計内容を進化させていく。
 事業全体のスキームは、区が対象地の一部を高層マンション建設用地に貸し出し、庁舎と公会堂建設費を賄う。同グループの提案は、70年間の定期借地権を設定。庁舎・公会堂棟とともに、総合設計制度を活用してNHK側となる対象地北側に、RC造地下1階地上37階建て延べ約4万5300㎡(高さ121m)、総戸数414戸の分譲マンションを整備する。1階部分に中間階免震構造の採用を計画している。
 現渋谷区総合庁舎(SRC造地下2階地上6階建て延べ約2万6000㎡)は、東京五輪が開催された1964年に完成(設計=建築モード研究所、施工=鹿島)。
[PR]
by a4232203 | 2014-10-16 13:47 | まちづくり関連 | Comments(0)
【西地区にも検討組織発足】
 まちづくりが活発化する東京都中野区のJR中野駅周辺で、囲町地区でも新たなまちづくりの機運が高まってきた。同地区のうち先行する東地区では、市街地再開発準備組合が土地利用計画や業務、商業、住宅機能を併せ持つ2棟構成を想定している、施設建築物などの検討を加速させている。東京都など関係機関と協議しながら、再開発施設の規模や都市計画決定の目標など、都市計画に関する方針を早期に定めていく。一方、西地区でも、まちづくり推進検討会が発足しており、今後、まちづくり方針の検討を進めていく。中野区では、駅周辺都市再生プロジェクトの1つに位置付け、積極的に支援していく考えだ。
 囲町地区まちづくりの対象は、同区中野4丁目の約3ha。明治大学や中野セントラルパークスサウスなどが整備された「中野四季の都市(まち)」とJR中央線にはさまれた地区で、木造密集市街地の解消や都市計画道路の整備などによって防災性を高めるとともに、新たなにぎわい創出に向けたまちづくりが求められている。
 このうちJR中野駅に近い囲町東地区は、施行区域面積約2.1ha。中野囲町東地区市街地再開発準備組合が検討のたたき台として、施設建築物のイメージをまとめた。具体的には、「囲町ひろば」を挟んだ東棟と西棟の2棟形式とし、東棟は低層部に商業施設、高層部に業務棟と住宅棟を配置。西棟には住宅棟を配置することを検討している。また、再開発にあわせて整備する補助221号線について、道路線形や交通ネットワークの整備などを関係機関を含めて協議・検討している。準備組合の加入率は、約7割。事業協力者として、三井不動産レジデンシャルと大成建設が参画している。
 一方、囲町西地区は、囲町地区の西側に当たる約1ha弱が対象地。2013年4月に発足した「囲町西地区まちづくりを考える会」が、ことし5月に「囲町西地区まちづくり検討会」として発展的に移行した。これまでに4回、検討会や勉強会を開催し、中野駅南口地区や囲町東地区の検討状況を参考にしながらまちづくりの方向性などを検討してきた。引き続き、東地区の進捗状況を踏まえて、西地区のまちづくり方針を検討していく。
 中野区では、囲町地区(囲町東地区市街地再開発事業と補助221号線整備)を、区役所・サンプラザ地区再整備、中野駅地区、中野二丁目地区などとともに「中野駅駅周辺都市再生プロジェクト」に位置付けている。同プロジェクトは、国家戦略特区としても提案している
c0174363_1345789.jpg
c0174363_13454938.jpg

[PR]
by a4232203 | 2014-10-16 13:46 | まちづくり関連 | Comments(0)
c0174363_134354100.jpg
【駅広周辺は準備組合始動】
 東京都武蔵野市は、吉祥寺駅南口周辺エリアを対象に官民連携による新たなまちづくり手法などを検討していく。南口駅前広場整備を推進するとともに、対象エリア内にある武蔵野公会堂改築と周辺再開発などの一体的なまちづくりの手法なども探っていく。調査業務はURリンケージが担当し、今年度末に調査結果をまとめる。駅前広場周辺では再開発準備組合が発足し、独自にまちづくりが検討されている。こうした周辺開発の動向もにらみながら“住みたいまちナンバーワン”という魅力を生かし、安全性を高める複合的なまちづくり手法などを探っていく。
 吉祥寺地区まちづくり検討は、今年度の新規事業として取り組んでいる。対象地域は、駅南口駅前から井の頭恩賜公園に至る「パーク吉祥寺」エリアの約13ha。市では、南口駅前広場の整備を始め、武蔵野公会堂改築などを計画している。検討・調査では、同エリアを対象にこうした公共施設整備と、民間による再整備や再開発などとの融合策なども探る。安全性の向上と魅力あるまちづくりに向けたプログラムを、市有地の利活用の可能性を含めて検討するのが特徴の1つ。
 南口駅前広場は、約1900㎡の規模で街路事業として進める。狭い駅前道路に多くのバスが流入するため、安全面の課題解消に向け現行の交通体系も見直す。現在、関係者と用地交渉なども進めている。
 駅前広場計画地周辺では、地元地権者らによる「吉祥寺南口駅前地区再開発準備組合」が2012年3月に発足。駅前広場を含めた同市南町1丁目の約6500㎡を想定し、再開発事業を視野に入れた勉強会や検討作業を進めている。コンサルタントとして日本設計と新都市開発機構(渋谷区)、事業協力者に三菱地所レジデンスと首都圏不燃建築公社が参画している。
 対象エリアにある武蔵野公会堂(同市吉祥寺南町1-6-22)は、1964年に開館。規模はRC造地下1階地上3階建て延べ約2500㎡。350人収容のホールや会議室、和室などを備える。敷地面積は約1900㎡。稼働率は高いものの施設の老朽化やバリアフリー対応への課題を抱え、改築の方向性が示されている。
 建て替えに当たっては、単独事業ではなく、周辺にある民間施設と合わせた一体的な整備の可能性なども含めて探っていく。
 また、エリア内の状況を踏まえて、市有地を種地に積極活用することで周辺の再開発事業なども含めた官民連携による新たなまちづくりの推進策なども検討する。まちの歴史や文化、魅力を生かしながら新しい時代に合った安全・安心なまちづくりにつなげていく。
 邑上守正市長は今年度当初、「ことし4月の駅ビルや南北通路の完成を踏まえ、今後は南口駅前広場や周辺街区の整備に力を注いでいく」との姿勢を表明。まちづくりの推進策として、検討対象地にある武蔵野公会堂を建て替える考えを明らかにするとともに、同施設の建て替えと周辺再開発などの一体的なまちづくりを検討していく考えを示していた。
[PR]
by a4232203 | 2014-10-16 13:44 | まちづくり関連 | Comments(0)

由良@大井町6

c0174363_8335679.jpg

c0174363_8332613.jpg

c0174363_8343018.jpg

c0174363_835759.jpg

c0174363_835482.jpg

c0174363_8345932.jpg

c0174363_8351897.jpg

[PR]
by a4232203 | 2014-10-16 08:34 | 和食 | Comments(0)