行きたいところを書きとめよう


by a4232203

<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0174363_21102430.jpg

c0174363_21104910.jpg

c0174363_21105160.jpg

c0174363_21111194.jpg

c0174363_21112519.jpg

[PR]
by a4232203 | 2014-08-31 21:10 | ピザ&パスタ | Comments(0)
東京都江東区は、JR京葉線の潮見駅を中心とした潮見地区のまちづくりについて、今年度にも地権者である企業などの意向などを聞く考えだ。同地区の開発計画は、潮見駅を中心とした約51haが対象。このうち、駅東側地区については、地区計画を活用したオープンスペースや、歩行者ネットワークの確保などを想定している。また、開発者負担を原則とし、地権者主導のまちづくりを進める考えだ。東京駅から3駅目で開発が進む臨海部に近いなど、ポテンシャルの高い地域だけに、国内経済も緩やかな回復基調にある中、2015年度以降の事業具体化に向け、今後の企業動向が注目される。

 潮見地区の開発計画の対象地は、同区潮見1、2丁目にまたがる約51ha。準工業地域(一部近隣商業地域)で、容積率は300%(一部200%、400%)。駅東側には、運輸会社を始め、家電量販店、ホテルなども立地している。

 区が2008年に策定した「潮見地区まちづくり方針」によると、まちづくりのコンセプトは「コミュニティー」「水辺」「安全・安心」「環境・リサイクル」。開発フレームは、居住人口1万1000人、就業人口8000人を計画。まちづくり方針は、駅周辺を中心とした地域の生活や文化の拠点となる「地域核」としての充実を始め、大規模な土地利用転換の適正誘導や、新たなコミュニティー創造と良好なまちづくりの形成を明示。また、駅東側地区については、不整形な敷地形状を整序し、土地を有効利用するため、都市計画制度の活用や土地区画整理事業などの導入、都市開発諸制度の活用の可能性も検討する。公共施設として新たな道路整備のほか、潮見2丁目地区内に公園のない現状を踏まえて地域活動の拠点となる新たな公園整備なども示されている。

 同地区は、1990年の潮見駅開業以来、08年には「潮見地区まちづくり連絡会」が発足し、まちづくり方針を策定したものの、これまで地元企業などからまちづくりに向け目立った動向はない。一方、10、11年度と減少した同駅の一日平均乗車人員も12年度以降増え始めている。

 同区では、臨海部のまちづくりが加速するほか、国内景気の回復基調、20年の東京五輪開催などの区内のまちづくりが加速する現状を踏まえ、今年度内に企業など地権者に対して、土地利用を含めたまちづくりの考えを聞くことにしている。その上で、新たな動きがあれば、まちづくり方針に基づいて今後の事業推進を検討していく考えだ。
[PR]
by a4232203 | 2014-08-28 08:20 | まちづくり関連 | Comments(0)
国土交通省は、東京の都心で大規模開発を促進するための検討マニュアルを作った。地区単位で複数のビル建設と鉄道施設整備を一体的に行う開発が増えていることに対応。デベロッパーや鉄道事業者、自治体向けに、鉄道整備費の負担割合を決めやすくする交通需要予測の方法や、鉄道整備を考慮した建設スケジュールの調整方法などをまとめた。国交省は、2020年東京五輪までに同手法での開発が計画される虎ノ門地区(港区)を先行モデルに位置付けている。

 マニュアルは「大都市の国際競争力強化に向けた適正な周辺交通機能を確保した大規模都市開発促進方策」。国交省が音頭を取って昨年10月に設置した官民の研究会でまとめた。研究会には東京都や東京メトロ、三井不動産、三菱地所、住友不動産、東急不動産、東京建物、森ビル、野村不動産、都市再生機構などが参画している。

 マニュアルには、多様な事業主体が連携して事業を迅速に行えるようにするポイントを列挙している。新駅やビルと直結する地下道など鉄道施設の整備にかかる費用負担割合を決めやすくするため、基準となる交通需要予測は同じ手法で行うとした。従来は各主体が個別に選択した手法で行っているため、費用負担を決める協議が長引くケースが多かった。時間差がある複数のビル建設を計画しているデベロッパーの間で、鉄道整備の着工前に費用負担割合を決めておくことも必要だとしている。

 東京の都心では近接するエリア内で複数のビル建設と鉄道整備を一体的に行うケースが今後相次ぐ見通し。国交省が先行モデルに位置付けた虎ノ門では、近接する神谷町(港区)も含め延べ1万平方メートル以上の大規模開発が約10件計画されている。東京メトロ日比谷線霞ケ関〜神谷町の中間地点での地下鉄新駅「新霞ケ関・虎ノ門駅(仮称)」や、周辺ビルと直結する地下街の整備も行われる。虎ノ門の鉄道整備は来年の都市計画決定を目指している。虎ノ門以外でも、品川(港区)や日本橋(中央区)で同様のスキームの開発が計画されている。
[PR]
by a4232203 | 2014-08-12 12:37 | まちづくり関連 | Comments(0)

東京都都市整備局/容積率割り増し拡充/子育て支援・高齢者福祉施設の導入建物20140808建設工業

 東京都都市整備局は、マンションなどの建物内に子育て支援施設や高齢者福祉施設を併設する開発事業者に実施している容積率の割り増し措置を拡充する。両施設の整備を促進するのが狙い。本年度にも特定エリアや一定規模以上の開発に適用する都市開発制度を改正する予定だ。制度改正に当たり、子育て支援施設の設置については開発事業者に地元自治体との協議を義務付ける予定。

 子育て支援施設または高齢者福祉施設を設置する場合、現行では設置した子育て支援施設の延べ床面積に対して50%分、高齢者福祉施設の延べ床面積に対して60%分の容積率の割り増しを認めているが、今後はいずれも100%分の容積率の割り増しを認める。例えば、建物内に整備する子育て支援施設または高齢者福祉施設の延べ床面積が1000平方メートルの場合、建物の基準容積率を超えても1000平方メートル分の床の建設が可能になる。

 都市整備局によると、高齢者福祉施設に必要な延べ床面積は平均して4000平方メートル程度と子育て支援施設に比べて大きい。このため、高齢者福祉施設を設置する場合に限り、「総合設計制度」などを活用した容積率緩和の最高限度を超えて100%分の床の建設を認める。バリアフリー化など子育て支援施設よりも開発事業者の負担が多くなることからより手厚い措置を講じる。

 このほか都は、都営住宅の建て替えなどで創出した余剰地を、今後10年間で30ヘクタール以上子育て支援施設などの整備候補地として提供していく。
[PR]
by a4232203 | 2014-08-12 11:41 | まちづくり関連 | Comments(0)

 横浜市建築局は1日、「瀬谷駅南口第1地区第一種市街地再開発事業の決定」「花月園競輪場跡地等における公園の変更」などの都市計画素案を公表した。鶴見花月園公園は24、25日、瀬谷駅南口第1地区は9月5、7日に説明会を開く。ともに2014年度内の都市計画決定を目指している。当初計画で瀬谷駅南口第1地区は15年度の事業認可と組合設立認可、16年度の着工、18年度の事業完了を見込んでいる。
 瀬谷駅南口第1地区は、10年に市街地再開発準備組合が設立し、事業実現に向けて検討してきた。今回は再開発事業の決定のほか、高度利用地区と道路(瀬谷駅南口線)、防火地域および準防火地域、瀬谷駅周辺地区地区計画を変更する。
 再開発事業の決定では、南口約1haに地下1階地上10階建て延べ約2万5700㎡(容積対象面積約1万8800㎡)の再開発ビルを建設する。主要用途は共同住宅約120戸、商業施設、公益施設、駐車場など。事業協力者は戸田建設が担当している。
 このほか道路変更として、瀬谷区瀬谷4丁目から5丁目まで約120m(幅14m)の道路整備や、同4丁目地内に駅前広場(約3000㎡)を設置する。
 花月園競輪場跡地は、隣接する民間企業社宅跡地を含め、約4.3haの地区公園を整備するとともに、駅前機能などを備えた良好な市街地を形成するため、公園と地区計画を都市計画決定・変更する。公園の変更(追加)では、鶴見区岸谷3丁目、鶴見1丁目、東寺尾東台の約4.3haに樹林地、散策路、広場、トイレ、防災関連施設などを整備する。
[PR]
by a4232203 | 2014-08-12 11:37 | まちづくり関連 | Comments(0)

 都市再生機構東日本賃貸住宅本部は5日、WTO(世界貿易機関)対象の「四谷駅前地区再開発工事」を一般競争入札した結果、628億5660万円(税込み)で大成建設に決めた。基盤整備を含め同地区市街地再開発事業に伴う5つの工事を一括発注するもので、四谷駅前地区(再)建設工事は実施設計と施工一括となる。入札には同社を含め4者が参加し、清水建設、竹中工務店、大林組・藤木工務店JVは辞退した。予定価格は588億6381万7000円(税別)、調査基準価格は500億3424万4450円(同)だった。                        =1面参照
 同再開発事業は、JR線や地下鉄2路線が乗り入れる四ツ谷駅に近接し、外堀通りをはさんで江戸城外堀跡に隣接する同区四谷1丁目と本塩町の一部約2.4haを施行区域とする。再開発施設はS一部SRC造地下3階地上32階建て延べ約13万9000㎡規模で事務所、商業施設、教育施設、住宅約100戸、公益施設、駐輪・駐車場施設などを設ける。最高高さは約145m。基本設計は日本設計・三菱地所設計JVが担当した。
 このほか、基盤整備その1工事は既存公共建物除却工事、同その2工事が既存建物除却工事(地上部分)、同その3工事が外縁部建物地下部分除却、外縁部基礎杭撤去、区道撤去、道路仮拡幅工事。同その4工事が北、西、南側の区道の道路拡幅整備、東側の都道の歩道部および交差点改修工事を行う。
 工期は、既存建物地下部分の除却を含む建設工事が2016年7月から20年1月まで。基盤整備その1工事は8月から2016年1月まで、同その2工事が15年10月から16年3月まで。同その3工事が16年4月から同9月まで、同その4工事が17年12月から19年9月まで。
 都市機構は、三菱地所と、同社が出資する第5メック都市開発特定目的会社のJVを同再開発の事業パートナーとしている。同JVは事業の完了まで機構にさまざまな提案をしながら事業協力するほか、施設建築物の管理予定者として円滑な管理運営計画に関する提言などを行う。また、特定事業参加者として保留床も取得する。
[PR]
by a4232203 | 2014-08-12 11:34 | まちづくり関連 | Comments(0)
神奈川県横須賀市は11日、「横須賀中央駅前地区及び三笠ビル地区に係る市街地再開発事業基本計画作成業務委託」の事業者選定結果を公表した。公募型プロポーザルによる審査の結果、横須賀中央駅前地区は350万円(税別)で都市環境研究所、三笠ビル地区は459万円(同)でINA新建築研究所に決めた。ともに履行期間は2015年3月16日まで。基本計画策定後は同計画に基づき両地区の再開発を促進していく。
 公募型プロポーザルでは、横須賀中央駅前地区に2事業者、三笠ビル地区に2事業者の計4事業者から参加申込を受け、全事業者の参加資格を確認した。4事業者の提案とプレゼンテーションを評価し、横須賀中央駅前地区2者、三笠ビル地区1者の計3事業者が選定基準(評価点合計420点の60%以上)を満たしたことから、見積提出を依頼。2次選考(見積もり合わせ)の結果、横須賀中央駅前地区は評価点308点の最高点を獲得した都市環境研究所、三笠ビル地区も同じく312点の最高点だったINA新建築研究所を事業者に決めた。
 同業務は、両地区の再開発を促進するため、市街地再開発事業の事業化に向けた都市計画にかかる検討、施設建築物、施設建築敷地、地区施設などの設計、資金計画その他事業の計画内容と権利調整の概略の検討、これらに伴う施設概要などを調査する。
 検討区域は、横須賀中央駅前地区が横須賀中央駅前周辺地区市街地総合再生計画における23街区と24街区の一部でセントラルホテル(若松町2-8)を含む約2ha、三笠ビル地区は同計画24街区の一部(大滝町2-23ほか)の約0.9haとなる。
[PR]
by a4232203 | 2014-08-12 11:31 | まちづくり関連 | Comments(0)
【14年度内の都計決定目指す】
 東京都品川区の中延二丁目旧同潤会地区防災街区整備事業準備組合は、事業の早期具体化に向け、2014年度中の都市計画決定を目指している。旭化成不動産レジデンスが事業協力者として参画しているほか、コーディネーターは首都圏不燃建築公社、施設計画コンサルタントは日建ハウジングシステムが担当する。
 対象地区は中延小学校南側の中延2-2の一部と2-3全域の0.6ha。現行の建ぺい率は60%で容積率は200%。地権者数は84人で、このうち準備組合の加入者数は58人となっている。関東大震災の復興住宅として整備された木造長屋を含む老朽木造住宅が密集。地区内の道路も狭く、地震による家屋倒壊や火災による延焼拡大が懸念される。
 このため、防災街区整備事業による共同建て替えに取り組む。東京都が推進する「木密地域不燃化10年プロジェクト」の不燃化特区先行実施地区である「東中延1~2丁目・中延2~3丁目」のコア事業にも位置付けられており、不燃化と土地の有効利用を図る。
 防災街区整備事業は、密集市街地での防災機能確保と土地の合理的な利用を図るため、権利変換による土地・建物の共同化を基本とする。例外的に個別の土地への権利変換も可能とする柔軟かつ強力な事業方法を用い、老朽化した建築物を除却して防災機能を備えた建築物・公共施設を整備する。
 07年度から区が地権者と災害に強いまちづくりの検討を進め、10年度には会員数49人で防災まちづくり検討会を設立。12年度までに、勉強会などを開いた。
 旭化成不動産レジデンスは13年10月に品川区から旧同潤会地区共同化推進支援業務を受託し、14年3月に準備組合が結成された後、同5月に事業協力者として選定された。
 同事業は品川区では、荏原町駅前地区に続き2例目。荏原町駅前地区(中延5-944-39の敷地984㎡)では、事業主の首都圏不燃建築公社、三菱地所レジデンスにより、RC造地下1階地上18建て延べ5470㎡、55戸の共同住宅「ザ・パークハウス品川荏原町」の建設が進められており、16年3月に完成する予定だ。設計は松田平田設計、施工は大成建設が担当している。
[PR]
by a4232203 | 2014-08-12 11:28 | まちづくり関連 | Comments(0)

由良@大井町5

c0174363_15453811.jpg

c0174363_1546564.jpg

c0174363_15465821.jpg

c0174363_15471989.jpg

c0174363_15473259.jpg

c0174363_15474110.jpg

c0174363_154823.jpg

c0174363_15482123.jpg

c0174363_15474716.jpg

c0174363_15485050.jpg

c0174363_1549102.jpg

[PR]
by a4232203 | 2014-08-09 15:55 | 和食 | Comments(0)