行きたいところを書きとめよう


by a4232203

<   2014年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

由良@大井町 3

c0174363_120409.jpg

c0174363_122163.jpg

c0174363_12455.jpg

c0174363_1254225.jpg

c0174363_126523.jpg

c0174363_1272582.jpg

c0174363_1285098.jpg

c0174363_1292480.jpg

c0174363_12101197.jpg

c0174363_12102021.jpg

c0174363_12143374.jpg

[PR]
by a4232203 | 2014-01-29 11:59 | 和食 | Comments(0)
c0174363_8551157.jpg

c0174363_8555888.jpg

c0174363_8565375.jpg

c0174363_8573568.jpg

c0174363_8581035.jpg

c0174363_8584342.jpg

c0174363_8584078.jpg

c0174363_9035.jpg

c0174363_90673.jpg

[PR]
by a4232203 | 2014-01-26 08:52 | ピザ&パスタ | Comments(0)
東京都港区で計画される大規模開発「(仮称)虎ノ門二丁目計画」の概要が明らかになった。東京都は、同開発に伴う都市再生機構の都市再生特別地区の都市計画提案を20日付で受理した。既存の虎の門病院、国立印刷局、共同通信会館を一体的かつ段階的に建て替える。都市再生への貢献として、虎の門病院の機能更新を核にした国際水準の医療サービスの提供、都内最高レベルの災害時治療・収容拠点の整備などを盛り込んでいる。
 都市再生特別地区の区域面積は港区虎ノ門2丁目および赤坂1丁目の約2.9ha。このうち、開発計画の敷地は約2万2500㎡となる。
 施設建築物は、最高高さ約179mとなる業務棟(地下3階地上36階建て)を筆頭に、同99mの病院棟(地下4階地上19階建て)、同20mのアネックス棟(地上2階建て)で構成。規模は総延べ約25万5200㎡を見込む。
 主要用途は、病院、事務所、店舗、国際医療施設、業務・生活支援施設、災害時治療・収容施設、駐車場など。虎の門病院、国立印刷局、共同通信会館を一体的かつ段階的に開発することで、虎の門病院の機能を停止することなく、病院機能の更新を図る。
 計画概要によると、国際競争力を強化する取り組みとして、国際水準の医療サービスの提供のほか、国際ビジネスサービスセンターや外国人相談窓口・特別診察室を整備による外国人ビジネスマンやその家族への業務支援機能や生活支援機能の整備などを掲げた。また、災害時に重症者・中症者約600人、軽症者約1500人を受け入れる、都内最高レベルの災害時治療・収容拠点とする。
 計画容積率は1000%。都市再生への貢献評価で、現行の基準容積率607%に、393%の容積緩和を受ける見通し。
 予定工期は病院棟が2015-18年度、業務棟が19-22年度。交差点改良などのを含めた全体の竣工は24年度を予定している。
[PR]
by a4232203 | 2014-01-24 10:20 | まちづくり関連 | Comments(0)
東京都中央区の月島三丁目地区で市街地再開発事業を計画している同地区市街地再開発準備組合は、再開発コンサルタント業務の委託先として大建設計(設計業務)とパシフィックコンサルタンツ(地権者調整など)を選定した。詳細については今後検討を進めるが、現時点では住宅を中心とした用途を想定しており、2015年度の都市計画決定を目指す。五洋建設が事業協力者として参画している。現在、地権者約170人のうち加入率は約8割という。
 施行区域は、都営大江戸線月島駅と勝どき駅の中間で清澄通り北に位置する同区月島3-18~26、32の一部の約9800㎡を想定している。
 18~20番街区は西仲通りから30m以内が商業地域の防火地域で容積率500%。30m以上が第二種住居専用地域で容積率400%。そのほかは第二種住居専用地域で容積率は400%。建ぺい率はすべて80%。
 月島地区ではこのほかにも複数の再開発事業に向けた検討が進んでいる。月島三丁目地区の南西に位置する月島三丁目28・29・30番地区でも、地元地権者からなる同地区再開発協議会が再開発事業に向けた検討を進めている。対象地域は同区月島3-28~30の約8760㎡。
 また都営大江戸線月島駅に近い月島一丁目西仲通り地区(月島1-22~24)でも、月島一丁目22・23・24番地区市街地再開発準備組合が住宅や店舗などからなる再開発施設を建設する計画だ。6月ごろの本組合設立認可を見込んでいる。
 事業協力者として大成建設が参画し、設計コンサルタントは佐藤総合計画が担当している。
[PR]
by a4232203 | 2014-01-21 10:41 | まちづくり関連 | Comments(0)

ボンジョルミ@大崎

c0174363_2111981.jpg

c0174363_21362452.jpg

c0174363_21363117.jpg

c0174363_21361747.jpg

c0174363_21533999.jpg

[PR]
by a4232203 | 2014-01-14 21:00 | 大崎 | Comments(0)
東京都港区西麻布三丁目の一画、テレビ朝日通り沿道で、地元地権者有志が準備組合を設立し、再開発も視野に入れたまちづくりに向けて検討を進めている。組織の詳細は不明だが、地区の地権者には安田不動産が含まれている。地区内ではこれまで、2007年に「西麻布三丁目北東地区まちづくり協議会」が発足。コンサルタント業務を日本設計が担当し、検討を進めていた。
 対象地域は、テレビ朝日通りと六本木通りが交差する同区西麻布3-2-7ほかの約1.1ha。六本木ヒルズとはテレビ朝日通りを一本隔てた位置にある。
 多数のビルが立地しているほか、寺社も多く、住民は約210人、法人70社程度が混在している。地区内は土地利用の更新が進まず、建物の老朽化が進展しており、安全な歩行空間、緑地、空地の不足、災害時の避難などが課題として挙がっている。
 こうしたまちの課題を解決するため、同協議会が09年に作成したまちづくりビジョンでは、個性ある街並みの形成、立地にふさわしい土地の有効利用、安全な歩行者空間の確保、回遊性の創出、緑化の推進や歴史文化環境の保全、建物の不燃化促進などを目標に掲げている。
 これに基づき、地区内の北側を住宅、業務、商業系の用途を中心とした複合機能拠点ゾーン、テレビ朝日通り沿道を回遊性や防災性を向上させる沿道街並み形成ゾーン、その北側部分を歴史文化環境保全ゾーンとゾーニングしている。
[PR]
by a4232203 | 2014-01-09 11:15 | まちづくり関連 | Comments(0)
東京都渋谷区は、官民連携による「総合区庁舎」と「渋谷公会堂」建て替えの公募型プロポーザルで、対象敷地の一部を高層マンション建設用地に貸し出し、庁舎と公会堂建設費を賄うとした民間提案を特定した。総延べ約4万2000㎡の庁舎と公会堂を建設するとともに、37階建て414戸のマンションを計画している。特定したのは、大手のディベロッパーと設計事務所の2社で構成する企業グループ。月内にも基本協定を締結し、2014年第1回定例議会に報告する考えだ。企業名は協定締結時に公表する。14年度に提案グループの設計事務所で設計に着手する。工事は区の機能を仮庁舎に移転後、15年度に着工し、18年度の完成を見込む。公会堂とマンションは19年度の完成予定。工事は、民間発注になる模様だ。
 ディベロッパーと設計事務所で構成する計5つのグループの提案をもとに、耐震性、周辺環境との調和、将来の環境変化に対する柔軟性、工期、区の財政負担などの提案を評価し、1グループを特定した。
 提案では、現庁舎・公会堂のある宇田川町1-1の敷地約1万2500㎡のうち、NHKに近い公会堂のある北側4565㎡を活用して、37階建て(高さ121m)延べ4万5300㎡のマンションを建設する。工期は42カ月。
 区庁舎は、現庁舎の西側部分に当たる南側敷地に、15階建て(高さ65m)延べ約3万㎡規模で計画。工期は27カ月を見込む。また、公園通りに面する敷地東側に5階建て(高さ27m)延べ約1万2000㎡、2000席を備える公会堂を建設する。工期は36カ月。
 ともに免震構造で、CASBEE「S」ランクとし、LED(発光ダイオード)照明やLow-Eガラスなどを採用する。敷地北東側の一部にある地下駐車場はそのまま利用する。
 事業費は367億円と試算。事業スキームは、民間企業がすべての施設を整備。区が住宅敷地に完成後70年間の定期借地権を設定するとともに、庁舎と公会堂を完成後に取得する。
 区は、仮庁舎を現庁舎から約500m東に位置する旧渋谷小学校跡地(同区渋谷1-18-9)の一部に建設する計画。現在、レーモンド設計事務所で基本設計を進めている。14年度に実施設計に入り、同年度内に着工、15年度からの新庁舎建設に備える。
 現渋谷区総合庁舎は、SRC造地下2階地上6階建て延べ約2万6000㎡。東京五輪が開催された1964年に完成した。設計は建築モード研究所、施工は鹿島で担当。築後約50年が経過し、97年度から04年年度にかけて耐震補強工事をしたものの十分な耐震性を確保するのが難しく、首都直下地震の切迫性が指摘される中、13年9月定例議会で地震時対応の拠点となる機能を備えた総合庁舎に早急に建て替えるよう決議されていた。
[PR]
by a4232203 | 2014-01-06 10:23 | まちづくり関連 | Comments(0)

ぶらり@n目黒

鶏白湯つけめん780円
c0174363_14135280.jpg


鶏白湯ラーメン780円
c0174363_1414853.jpg

[PR]
by a4232203 | 2014-01-04 13:59 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)