行きたいところを書きとめよう


by a4232203

<   2013年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

都市再生機構東日本都市再生本部は、「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業に係る事業計画認可申請等事業推進業務」を総合評価一般競争入札した結果、4935万円(税込み)で都市計画同人に決めた。履行期間は2015年3月31日まで。

 業務では、機構が東京都新宿区で計画している同地区市街地再開発事業について、権利者合意形成にかかる資料作成や基本設計業務での課題整理、資金計画の検討、各種スケジュール作成などを行う。

 同再開発事業では、JR線や地下鉄2路線が乗り入れる四ツ谷駅に近接する新宿区四谷1丁目、本塩町の一部約224haを事業区域として、地下3階地上31階建て延べ約14万m2規模の再開発施設を建設する計画。基本設計は日本設計・三菱地所設計JVが担当している。

 今後、13年度中の都市計画決定、14年度の事業計画認可、15年度中の権利変換計画の認可取得を目指す。順調に進めば16年度の着工、19年度の竣工を予定している。
[PR]
by a4232203 | 2013-10-28 21:26 | まちづくり関連 | Comments(0)

牡丹@長崎空港

ちゃんぽん&さらうどん
c0174363_1982444.jpg

[PR]
by a4232203 | 2013-10-27 18:57 | 旅行 | Comments(0)
c0174363_1858589.jpg

[PR]
by a4232203 | 2013-10-27 18:56 | 旅行 | Comments(0)

春樹@御徒町

超濃厚魚介とんこつつけ麺 790円
c0174363_19274214.jpg

[PR]
by a4232203 | 2013-10-25 18:46 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)
【準備組合、14年度設立】
 東京都千代田区の富士見二丁目3番街区再開発協議会は、JR飯田橋駅西口周辺に位置する同街区を対象とした再開発のコンサルタント業務を日建設計に委託し、検討を進めている。前田建設工業が事業協力者として参画している。今後、地権者に協議会への参加を広く呼び掛けていくとともに合意形成を図り、2014年度の準備組合の設立を目指す。
 同街区は、複合施設「飯田橋プラーノ」(設計監理=山下設計、施工=大成建設)と、三井不動産、三井不動産レジデンシャルが参加組合員となり建設中の再開発事業「飯田橋サクラパーク」(施工=前田建設工業・鹿島JV、設計=日建設計・前田建設工業JV)の間に挟まれ、早稲田通り北側に位置している。街区内には日本歯科大学附属病院などが立地しているが、検討区域は現時点で固まっていないという。
 これまで、地権者有志によるまちづくり勉強会を通じて検討を進め、協議会を設立した。
 同駅周辺ではこのほかにも、東口に近接し、広場空間の不足や混雑が課題となっている飯田橋駅東地区(同区飯田橋3-6、7の約0.7ha)で再開発協議会が立ち上がっており、コンサルタント業務をタカハ都市科学研究所に委託して再開発も視野に入れたまちづくりを検討している。同様の課題を抱える飯田橋4-8、9街区でも、地権者数人が勉強会を設立し、将来的なまちづくりの検討を進めるなど、周辺の新宿区や文京区を含めて再開発の機運が著しく高まっている。
 こうした状況を受けて千代田区、地元町会、東京メトロ、東日本旅客鉄道、再開発協議会などで構成する検討組織「飯田橋・富士見地域まちづくり協議会」は、新たに分科会として「(仮称)飯田橋駅東口周辺まちづくり検討委員会」を設置する予定。東口周辺の再開発協議会の基本構想などを踏まえ、地域主体でのまちの将来像の共有、まちの課題と解決策の検討などを行い、地区整備構想を作成する。
[PR]
by a4232203 | 2013-10-24 19:00 | まちづくり関連 | Comments(0)
【デザインアドバイザーに古谷氏】
 大規模再開発が進む東京・渋谷駅周辺で、新たな再開発事業が具体化する。桜丘口地区再開発準備組合は、再開発施設の規模などを盛り込んだ都市計画提案を早ければ12月にもまとめる考えだ。都市再生特別地区制度の活用を視野に入れている。2014年度の都市計画決定、事業認可を目指す。また、15年度の本組合設立を目標に、地権者の合意形成を進めている。渋谷駅南西側の約2.5haを対象にした再開発は、15年度にも設計に入り、16年度末か17年度に着工、20年度の完成を想定している。事業協力者として東急不動産が参画し、建築家の古谷誠章氏がデザインアドバイザーを務めている。
 事業対象区域として想定しているのは、同区桜丘町1-3番と4、8番の一部。駅南側を東西に通る国道246号を挟んだ恵比寿側でJR山手線の西側に位置する。対象地内を南北方向に貫く都市計画道路補助18号線を整備。同線によって2つの街区に分割し、商業施設やオフィス、住宅からなる再開発施設を複数棟整備する見通しだ。
 現在の用途地域は商業地域で、容積率の上限は駅近くの1、2番が900%、3番と4、8番の一部が500%。建ぺい率は80%に指定されている。準備組合では、都市再生特別地区制度を活用して上限を引き上げたい考えで、都市計画提案の中で、施設規模などを固める。
 同準備組合は、08年に発足し、新たな街づくりに向けた検討を進めてきた。
 渋谷駅周辺では、東京急行電鉄、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京地下鉄、道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発準備組合、東急不動産計画する「駅街区開発計画」「道玄坂再開発計画」「渋谷駅南街区プロジェクト」(渋谷駅三丁目21地区)の3事業がことし6月に都市計画決定し、総延べ約45万㎡に及ぶ再開発プロジェクトが具体化。既存施設の解体などが始まり、今後、14年年度にかけて順次、再開発施設建設が着工する。
 渋谷区では、森地茂政策研究大学院大特別教授、内藤廣東大名誉教授、岸井隆幸日大理工学部教授を交え、国土交通省、東京都、鉄道事業者、開発予定者で組織する「渋谷駅中心地区まちづくり検討会」の議論を踏まえ、地元の町会、商店会、まちづくり協議会、事業者で組織した「同駅周辺地域の整備に関する調整協議会」と「まちづくり指針分科会」での討議を重ね「渋谷駅中心地区まちづくり指針」を策定し、都市基盤施設や大規模建築物などの計画・デザインに反映させ新しい渋谷の街づくりを進めている。
[PR]
by a4232203 | 2013-10-24 18:58 | まちづくり関連 | Comments(0)
 さいたま市のJR大宮駅東口で計画されている大門2丁目中地区市街地再開発事業の基本設計を、山下設計が担当していることが分かった。再開発ビルの規模は、18階建て延べ約8万4000㎡を想定。同再開発準備組合(さいたま市)は今後、本組合設立に向けて地権者からの同意取得手続きに入り、設立認可申請に進む見通しだ。
 再開発ビルは、商業・業務施設やホールなどの公共・公益施設、駐車場などで構成する複合施設となる。NHKさいたま放送局の入居も想定されている。事業費は約480億円を見込む。
 事業協力者は三井不動産と鹿島、コンサルタントは都市設計連合が担当している。
 施行区域は、JR大宮駅東口に近い大宮区大門町2の約1.4ha。
 同事業は、同駅東口の新たなランドマークとして、駅周辺に計画されている複数の再開発事業のリーディングプロジェクトに位置付けられている。2015年度の着工、17年度の竣工を目指し、事業を進めている。
[PR]
by a4232203 | 2013-10-24 18:56 | まちづくり関連 | Comments(0)
隣接する東京ミッドタウンと一体となった複合市街地形成を目指す赤坂九丁目北地区市街地再開発準備組合(東京都港区)は、本組合設立認可申請を同区に提出した。年内にも都に提出する。順調に進めば2013年度中の認可取得を見込んでいる。14年度の本体着工、16年度の完成を目指す。事業協力者として三井不動産が参画し、事務局も務めている。コンサルタント業務は日建設計が担当している。
 施行区域は、同区赤坂9-3-24の東京ミッドタウンの北西部に位置する約0.8ha。東側に区立赤坂中学校があり、北側を赤坂通り、東側を区道1157号線で囲まれた逆三角形状のエリアとなっている。老朽化した低層木造家屋が密集し、未接道敷地が多いことが課題となっている。
 再開発施設は、現時点では高さ約170m、住宅と公共空地などの公益施設が一体となった延べ約4万4500㎡規模を想定している。総戸数などの詳細は未定。
 隣接するミッドタウン地区との地形的な高低差を解消するため、歩行者専用道路を新設するなど、歩行者動線を強化する。エレベーターを併設してバリアフリーへの対応を図るほか、災害時の避難や救援救護の物資輸送にも機能する動線ネットワークを整備する。
[PR]
by a4232203 | 2013-10-24 18:55 | まちづくり関連 | Comments(0)
東京都品川区の大井一丁目南第一地区市街地再開発準備組合は、同地区第一種市街地再開発事業の早期具体化に向け、2013年度末の本組合設立を目指している。現在、日建設計で基本設計を進めており、13年度末をめどに事業協力者も決定する見込みだ。14年度の着工、15年度の完成を予定している。
 施行予定区域は、大井町駅の南側に位置する大井1-31ほかの約0.8ha。細分化された敷地に老朽化した木造建築が密集しており、土地の高度利用とともに防災性の向上が喫緊の課題となっている。
 現時点での計画による再開発施設建築物の規模は、RC造地下2階地上29階建て延べ約6万3000㎡。建物高さは約104mとなる。地上1階に店舗、2階以上には約600戸の住宅を設ける。敷地面積は約6300㎡。
 地権者は住友不動産を含め66者。うち準備組合には80%が参加している。
[PR]
by a4232203 | 2013-10-24 18:53 | まちづくり関連 | Comments(0)

魚菜 由良大井町

c0174363_853761.jpg

c0174363_863555.jpg

c0174363_865369.jpg

c0174363_872075.jpg

c0174363_873531.jpg

c0174363_881237.jpg

c0174363_882279.jpg

c0174363_88381.jpg

c0174363_885369.jpg

c0174363_891745.jpg

c0174363_893887.jpg

c0174363_8102638.jpg

[PR]
by a4232203 | 2013-10-22 08:04 | 和食 | Comments(0)