行きたいところを書きとめよう


by a4232203

<   2012年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

c0174363_21524186.jpg


マルゲリータ
c0174363_22232651.jpg


マリナーラ
c0174363_22484643.jpg

[PR]
by a4232203 | 2012-05-31 21:51 | Comments(0)

つけ蕎麦龍馬灯@大門

特製鰹つけ蕎麦 950円
c0174363_22221424.jpg

[PR]
by a4232203 | 2012-05-30 19:21 | Comments(0)
東京都は、細分化された土地の一体的な利用や区画道路などの公共施設の機能再編によって大街区化の促進を図る考えだ。都財務局は29日、高度防災都市づくりに向けた大街区化の促進にかかる調査委託の希望制指名競争入札を公告。新橋・虎ノ門周辺と高輪周辺の2地区をモデルに事業フレームなどの具体化に向けた検討に入る。2地区で大街区化による効果を検証。都における大街区化のあり方として「(仮称)東京ルール」案の作成につなげる。 調査業務では新橋・虎ノ門周辺と高輪周辺の2地区を対象に大街区化によるまちづくりの方向性を探る。参加資格は都市計画・交通関係調査業務のAまたはB等級の格付け者で地域・地区計画、再開発・区画整理計画、道路・交通計画に登録があることなど。希望申請の受け付けは6月1日まで。同20日に開札する。履行期間は2013年3月15日まで。 特に首都直下地震など大規模地震への防災対策、帰宅困難者への対応方策の検討を進める一方、2地区それぞれで具体化を視野に入れた地区全体の将来像を示すグランドデザイン案を作成する。 グランドデザインをもとにモデル地区における土地利用計画の策定や事業フレームの検討を行うなど、施設計画や事業手法といった具体案をまとめるとともに、事業の成立に必要な用途地域などの見直しについても提案をとりまとめる。虎ノ門地区では虎ノ門駅における駅改良計画の検討を行い、駅や建築敷地における一体的な施設計画案の検討も進める考え。 また、都では大街区化のモデルとなる2地区での効果を検証することで大街区化の促進につなげる。具体的には、大街区化すべき地区や、その適正規模、大街区化に当たっての公共施設のあり方、環境や防災面での機能などについて、大街区化のあり方を指針としてとりまとめる。 都市の大街区化では、国土交通省が11年3月に「大街区化ガイドライン」を策定。効率的な都市再生方策の一環として、成長戦略の一つに掲げている。
[PR]
by a4232203 | 2012-05-30 14:12 | まちづくり関連 | Comments(0)
広島駅南口Bブロック再開発組合(前岡眞仁理事長)は29日、募集・選定手続きを進めていた同第1種市街地再開発事業の特定業務代行者を、前田建設工業に決めたことを明らかにした。28日に開いた臨時総会で同社との契約締結を可決した。また、同総会では権利変換計画書の縦覧、保留床を取得する住友不動産、ビックカメラとの参加組合員契約締結、事業計画の変更なども承認された。計画変更の内容は、西棟を51階から52階、東棟を9階から10階に変更し、高層の西棟に免震構造(中間免震)を採用する。変更により総延べ床面積は12万4812㎡となり、総事業費も340億円から353億円に変更された。
 総会で承認を得たことにより、6月1日から14日間、権利変換計画書を縦覧する。今後のスケジュールは、当初計画どおり今秋の権利変換計画認可を目標とし、認可後、年内の既存施設解体撤去着手、2012年度内の再開発ビル本体着工を目指す。
 選定された業務代行者は、▽工事施工▽保留床処分など支援業務▽組合事務業務▽事業推進協力業務▽事業資金確保の協力業務――を行う。工事施工については、既存解体と市から受託している周辺公共施設整備も含まれる。
 計画では、広島市南区松原町5、6、7、8・猿猴橋町3ほかの敷地約1.4haを施行区域とし、このうち8362㎡を再開発エリアとする。7511㎡を建築面積に充て、RC・S・SRC造(中間免震構造)地下2階地上52階(西棟)一部10階(東棟)建て延べ12万4812㎡の再開発ビルを建設する。高層部分の西棟の高さは193mで中四国一の高層ビルとなる。
 参加組合員として契約締結した住友不動産は、西棟の13−52階に整備する住宅514戸のうち、権利者取得分を除く約470戸を取得する。また、地下2階−地上3階の一部約8550㎡については、家電量販店のビックカメラが取得する。このほかオフィスやホテル、自走式駐車場約900台などを整備する。
 竣工は15年度末を予定している。市が広島駅表口地区市街地再開発事業基本計画を策定して31年。紆余曲折を経て、同再開発事業が最終局面を迎えた。
[PR]
by a4232203 | 2012-05-30 14:08 | まちづくり関連 | Comments(0)

麺屋 翔 @西新宿

媛っこ地鶏の塩らーめん 900円
c0174363_22211924.jpg

[PR]
by a4232203 | 2012-05-30 12:29 | Comments(0)

會水庵@赤坂

焼き穴子丼ぶり 1200円
c0174363_16483815.jpg

[PR]
by a4232203 | 2012-05-29 13:37 | Comments(0)
川崎市は、小杉2丁目地区地区計画の都市計画素案をまとめた。約3.3haのエリア内では、三井不動産レジデンシャルとJX日鉱日石不動産による高さ180mの超高層複合施設2棟と、大西学園の中学・高等学校校舎建て替えが計画されている。複合施設は鹿島の設計施工で2013年5月の着工を予定。大西学園は設計施工を竹中工務店が担当し、15年4月の供用開始を目指している。 素案では、JX日鉱日石エネルギー社宅跡地(A、B地区)の容積率を600%、大西学園(C地区)を250%に設定。早ければ12年度内に地区計画を都市計画決定する。 24日に中原区で開かれた素案説明会では、市が土地利用計画図などについて説明。JX日鉱日石エネルギー社宅跡地は2地区に分割し、それぞれにRC・S造地下1階地上54階建ての超高層複合ビルを建設する。 規模はA地区(敷地面積8480m2)が6万9130m2、B地区(同8650m2)が7万0170m2。住宅戸数はA、B地区ともに640戸の計1280戸で計画し、16年11月の完成を目指す。 大西学園は、建て替えに向けた設計を進めている段階で具体的な規模、着工スケジュールは固まっていない。地区計画素案の土地利用計画図では、校舎を東側に集約し、西側にグラウンドを配置する方針が示されている。 A、B地区は2階レベルのペデストリアンデッキで連結し、将来的には武蔵小杉駅北口の再整備に合わせて武蔵小杉駅まで延伸する。 素案説明会では、高さ180mのツインタワー建設によるビル風や日照への影響に対する質問が相次いだ。市は、1回だけの素案説明会では関係者の意見を聞きとれないと判断し、都市計画素案の縦覧が終わる6月8日までに再度、任意の説明会を開くことを決めた。
[PR]
by a4232203 | 2012-05-28 17:41 | まちづくり関連 | Comments(0)
都市再生機構東日本都市再生本部は、「平成24年度弥生町三丁目周辺における防災まちづくり計画検討支援業務」を総合評価一般競争入札した結果、1155万円(税込み)で都市計画同人に決めた。 弥生町地域(東京都中野区弥生町1~4、約50ha)は、木造密集地域を抱え地震に対する危険性が高いことから、都の防災都市づくり推進計画「重点整備地域」に指定されている。機構は中野区と同地域でのまちづくり推進に関する協定を締結しており、区の要請などを受けて防災まちづくりに関する事業検討を行い、区を支援することとしている。 業務では、弥生町三丁目周辺での防災まちづくり推進のための検討と基礎資料作成を目指す。 履行期間は2013年3月22日まで。
[PR]
by a4232203 | 2012-05-28 17:39 | まちづくり関連 | Comments(0)
東京都港区は、JR田町駅西側に位置する田町駅西口・札の辻交差点周辺地区約17.5haを対象に、まちの将来像実現に向けて計画的に取り組むためのまちづくり構想の検討を進めている。老朽化の進展などが課題となっている同地区で、建て替えなどの機をとらえながら、既存市街地の街区再編や機能更新を進め、魅力ある複合市街地の形成を目指す。現在、地元住民らと検討案をもとに意見交換を行っており、今後素案づくりに着手する。順調に進めば、今夏か秋に素案をまとめ、2012年度中に成案化したい考えだ。 同地区は、特定都市再生緊急整備地域「品川駅・田町駅周辺地域」や東京都による「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン」の対象として位置付けられているものの、建物の老朽化が進展し、低未利用地も混在していることに加え、駅前広場機能やオープンスペース不足が課題となっている。 検討案では、▽新たな拠点形成を担うまち-既存市街地の更新▽歩いて楽しいまち-交通機能の強化▽公共用地を生かしたまち-公共公益施設の整備▽防災性の高いまち▽景観・環境に配慮したまち――の5つの将来像を提示。 これに基づく土地利用方針として、田町駅西口周辺を公共交通の結節点、札の辻交差点周辺を高輪地区などからの動線の結節点と位置付け、ビジネス、複合交流、居住環境育成、緑地保全の4つの観点からゾーン分けしている。特に駅西口周辺ではまちの玄関口となる“顔”づくりや交通広場機能の確保を目指す。 また、地区内には三田図書館(敷地面積約1400m2)、旧南海小学校跡地(約2700m2)、旧三田警察署・旧港都税事務所跡地(約2300m2)などの区有地があることから、公共用地を生かした産業関連機能の集積や駐輪場整備など、周辺まちづくりと効果的に連携した公共公益施設の整備を進める方針だ。 同駅をはさんで対峙する駅東口北地区では、区の公共公益施設や区が誘致する愛育病院といった複数の大規模開発が進行している。
[PR]
by a4232203 | 2012-05-28 17:38 | まちづくり関連 | Comments(0)

大漁まこと@渋谷

芳醇まるごと蟹つけ麺 950円
c0174363_16304.jpg

雲丹まみれつけ麺 1000円
c0174363_1634715.jpg

[PR]
by a4232203 | 2012-05-26 16:01 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)