行きたいところを書きとめよう


by a4232203

<   2011年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

らーめん紬麦@秋葉原

c0174363_12261735.jpg

つむぎラーメン 味たま 950円

これだと、ラー油が入ったスタミナラーメンちっく。苦手。塩のスープのほうが断然好み。次回は塩で。
[PR]
by a4232203 | 2011-11-30 12:26 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)

凪@西新宿

c0174363_18382559.jpg

特急中華そば 680円

昔より煮干が薄くなった。ゴールデン街店へ再訪。
[PR]
by a4232203 | 2011-11-21 18:38 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)
川崎市は、麻生区にある小田急電鉄小田原線柿生駅南口のまちづくり推進に向けた事業スキーム、駅前広場の形状の見直しなど、新たなモデルプランの検討に着手した。この中で、組合施行を前提とした市街地再開発の早期事業化に向け、事業採算性を踏まえた事業計画の見直しを検討する。調査業務は日本設計に委託している。 柿生駅南口エリアでは、1988年に柿生駅東口地区市街地再開発準備組合(07年に南口地区市街地再開発準備組合に名称変更)が発足し、98年には低層を商業施設、高層部分を住宅とするRC造23階建て延べ約2万9000m2の施設構想をまとめていた。同年には事業協力者として小田急建設、東急建設を選定している。 市によると、98年には再開発の事業化に向けて地権者の機運が盛り上がっていたが、その後、主要地権者が準備組合に参加しないといった状況が続き、事業化に向けた動きは停滞している。 07年には市が、これまで前提としていた容積率を450%から400%に見直し、施設規模を2万5000m2に縮小するプランを提示。08年には約0.8haの施行区域を南北に2分割し、優良建築物等整備事業を活用して地権者合意が進んでいる駅側に延べ約9000m2の施設と2000m2の駅前広場を先行整備する見直し計画を提示している。 11年度の調査業務では、08年の見直し計画をベースに、分割したもう一方の敷地の活用方法も含めたモデルプランを検討する。
[PR]
by a4232203 | 2011-11-19 16:14 | まちづくり関連 | Comments(0)
大泉学園駅北口地区市街地再開発準備組合(東京都練馬区)は、月内にも東京都に対して本組合設立の認可申請を行う予定だ。事業計画の縦覧を経て順調にいけば2012年1-2月には認可が下りる見通しだ。 同事業では施行者の負担を軽減し、プロジェクトを円滑に進める観点から特定業務代行方式を採用。年内には都市みらい推進機構に委託した事業者選定手続きも完了する見込みだ。 計画施設の規模は、地下3階地上27階建て延べ3万7600m2。主要用途は住宅、商業、駐輪場を含む公共公益施設などで、駅前広場、道路の拡幅、既存南北連絡デッキと西武池袋線大泉学園駅北口を接続するデッキの整備も計画している。基本設計はアール・アイ・エーが担当した。 組合設立後は12年度に権利変換計画の認可を受け、同年度中の着工、14年度末の完成を目指す。 施行区域は、同区東大泉1丁目地内の約0.8ha。建築敷地面積は約5110m2。
[PR]
by a4232203 | 2011-11-19 16:12 | まちづくり関連 | Comments(0)

くろき@秋葉原

c0174363_13345719.jpg

特製塩そば 980円
[PR]
by a4232203 | 2011-11-18 13:34 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)
春日・後楽園駅前地区市街地再開発準備組合(東京都文京区)は、早ければ9月にも本組合の設立認可を都に申請する意向を固めた。順調に進めば年内にも認可を取得する見通し。権利変換計画の認可を経て解体工事に着手し、早ければ13年度中に本体工事に着手する。16年度の完成を目指す。 計画では、小石川1-1ほかの施行区域約2.4haの南北に超高層2棟などで構成する総延べ約18万1000m2の再開発施設を建設する。総戸数は約700戸。 計画地内はS、N、Wの3街区に分けて整備する。南側のS街区には、S一部SRC造22階建ての高層棟と中層棟を配置。高層棟にはオフィスを中心に教育関連施設を誘致する。総延べ床面積は約9万5000m2を見込む。 北側のN街区にはS一部SRC造40階建ての高層棟と中層棟を建設する。高層棟の上層部は住宅を中心とし、低層部には商業・業務施設を設ける。総延べ約8万3000m2の規模を想定している。 このほか敷地を南北に貫く緑豊かなオープンスペースを確保するとともに、地下広場を整備することで都営大江戸線春日駅など3駅と直結させ、利便性の向上を図る。 設計と環境影響評価のコンサルタント業務は日本設計が担当。参加組合員予定者は三井不動産、三菱地所、新日鉄都市開発、事業協力者として清水建設と大成建設が参画している。
[PR]
by a4232203 | 2011-11-15 10:47 | まちづくり関連 | Comments(0)

蕎麦バル和@飯田橋

c0174363_1431581.jpg

鴨つけ蕎麦 850円
[PR]
by a4232203 | 2011-11-14 14:31 | そば・うどん | Comments(0)
c0174363_961279.jpg

c0174363_961257.jpg

c0174363_961271.jpg

c0174363_961227.jpg

c0174363_96125.jpg

c0174363_961382.jpg

c0174363_96133.jpg

茜コース4800円
[PR]
by a4232203 | 2011-11-13 09:06 | | Comments(0)
都市再生機構東日本都市再生本部は四谷駅前市街地再開発事業について、2012年度中に都市計画決定し、基本設計に着手する考えだ。高さ約150mの業務棟を核に、店舗、住宅など総延べ約14万m2の再開発施設を建設する。13年度に事業認可、14年度に権利変換計画の認可を取得して着工し、18年度の完成を目指す。 計画では、3棟の主要施設を建設する。超高層の業務タワー棟を核に、タワー北側に商業・住宅棟、西側には文化国際交流拠点機能棟をそれぞれ配置。建築面積は約8300m2となる。 都市計画決定に向けて「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業に係る基本計画案作成等業務(その2)」を10日に公告した。申請書は25日まで受け付け、12年1月12日に開札する。 参加資格は同機構関東地区の建設コンサルタント等業務「調査」の資格があることなど。01年度以降に、延べ約10万m2、高さ100m以上の複合用途建築物の設計および都内の都市計画などの行政手続関係資料作成業務を完了した実績などを求める。 業務は、市街地再開発事業の都市計画にかかわる企画書案の作成、基本計画案の作成のほか、東京都環境影響評価制度に基づく調査計画書案の修正や関係地権者、周辺住民などへの説明資料作成など。そのほか基本設計の前提条件も整理する。 履行期間は12年6月29日まで。施行区域は新宿区四谷1丁目などの約2.4ha。
[PR]
by a4232203 | 2011-11-11 13:24 | まちづくり関連 | Comments(0)

徳川膳武@西新宿

c0174363_13502525.jpg

つけ麺並(200g )680円
[PR]
by a4232203 | 2011-11-10 13:50 | らーめん・つけ麺 | Comments(0)