行きたいところを書きとめよう


by a4232203

小田原駅東口の栄町二丁目再開発協/大和ハウスが事業協力

神奈川県の小田原駅東口で組合施行による第一種市街地再開発事業を検討している栄町二丁目地区再開発協議会は、大和ハウス工業を事業協力者に決めた。7月末に同社と再開発事業に関わる事業協力協定を締結した。ディベロッパーとして参画する。現在、コンサルティングを担う事業者を選定中で、遅くとも2016年内に決める。その後、16年度内の準備組合設立を目指す。
 同事業では、栄町2-9-39にある商業施設、小田原EPO(信栄ビル)の敷地部分を含め、地域のにぎわい創出を目指した商業拠点を整備する。ダイヤ商店街の通りと銀座通りに挟まれ、駅から徒歩約5分という至近の交通利便などを生かす。敷地約5000㎡を現段階での検討対象範囲とする。低層部に商業施設、上部に共同住宅などを配置する計画だ。
 準備組合設立後、設計や都市計画手続きなど、事業化に向けた検討を進める。建て替え対象となる施設が再開発事業の法定適用となる19年度以降に本組合を設立し、既存施設の解体や本体工事につなげる。
[PR]
by a4232203 | 2016-09-27 12:32 | まちづくり関連 | Comments(0)