行きたいところを書きとめよう


by a4232203

竹中で8月着工/大塚駅北口3街区開発初弾/山口不動産

山口不動産(本社・東京都豊島区、武藤眞里子代表)は、東京都豊島区のJR大塚駅北口で3街区の開発事業を予定している。このうち初弾案件では、ホテルと店舗で構成する延べ約6000㎡の施設を竹中工務店の設計施工で8月に着工する。2018年2月の完成を予定している。このほか、詳細は明らかにしていないが、残り2街区でも開発を進める方針だ。
 初弾案件の建築物名称は「(仮称)山口不動産大塚北口A地区計画」。規模はS一部SRC造地下1階地上13階建て延べ6025㎡。直接基礎を採用する。建設地は大塚駅北口で、都電荒川線沿いの北大塚2-26-1ほかの敷地888㎡。このうち563㎡を建築面積に充てる。現在、8月15日までの工期で竹中工務店が既存施設の解体工事を進めている。
 また、都電荒川線を挟んだ北大塚1-19-5ほかでも、9月15日までの工期で北大塚C街区解体工事として、竹中工務店が解体工事を進めているが、規模やスケジュールなどは未定。
 このほか、詳細な場所は明らかにしていないが、B街区でも開発計画を検討している模様だ。
[PR]
by a4232203 | 2016-07-07 16:16 | まちづくり関連 | Comments(0)