行きたいところを書きとめよう


by a4232203

浜松町一丁目地区再開発(東京都港区)/新たな事業協力者に清水建設/準備組合 2010/06/03

東京・浜松町で市街地再開発事業を計画している「浜松町一丁目3・4・5地区市街地再開発準備組合」は、11月の都市計画決定に向けて手続きに着手する。都や港区との行政協議がおおむね整い、決定の見通しが付いたためで、計画の検討が始まってから2年8カ月での都市計画決定は異例の早さとなる。計画では地上38階建て延べ約6・7万平方メートルの複合施設を建設する。3月には新たな事業協力者として清水建設が参画することも決まり、事業の推進体制も強化された。

 施行区域は港区浜松町1の3~5。開発区域面積は約6350平方メートル。北側には土地区画整理事業で整備された幅員16メートルの道路と、三井ガーデンホテルがある。08年2月に準備会が発足し、検討がスタート。三井不動産レジデンシャルとトーショー・ホールディングスを事業協力者として08年11月に準備組合が発足していた。コンサルタントはアール・アイ・エーが担当している。

 再開発ビルは、地下2階地上38階(低層部は10階)建て延べ約6万7500平方メートル(最高高さ約140メートル)の規模を想定。住宅約500戸と事務所、食品スーパーや飲食店、クリニックなどのほか、子育て支援施設(保育所)や地域活動施設(地域集会所、みこし置き場)などが入る予定。

 都市計画決定後は、11年6月の再開発組合の設立認可申請、同年10月の認可取得を目標に事業を進める。

 権利者は約180人。事務局によると、権利者の同意率は約93%。区域内にある2棟の分譲マンション「浜松町シティハイツ」と「ジュエルズニュー浜離宮」の同意率が特に高く、権利者計約150人のうち95%以上が事業計画に同意しているという。

 施行区域は、事務所ビルや更新期を迎えた分譲マンションなどが密集している地区。木造建物や築30年以上が経過した非木造建物が多い上、地区内の私道は狭く、個別の建て替えが難しい建物もあり、地区全体での一体的な再整備が計画された。
[PR]
Commented by ぱふ at 2010-11-26 18:01 x
富士通はどうするんだろう?
改修したばっかりなのに・・・。
by a4232203 | 2010-06-04 17:55 | まちづくり関連 | Comments(1)